萩生田独裁の城下町で、法の支配訴え立ち上がった女性弁護士



田中龍作ジャーナル
http://tanakaryusaku.jp/



 暗黒が支配する東京・八王子市の市長選挙が19日、告示される。同市は安倍首相の側近中の側近である萩生田光一文相の城下町だ。

 萩生田大臣の後援会幹部の会長を務めるビルメンテナンス会社A社の社員が、知人を殴り殺す事件が起きた。2014年のことだ。

 殺人事件の現場は市営プール。にもかかわらず、八王子市は請負業務に関わるA社の指名停止期間をわずか3ヶ月とした。

 市の幹部は短かすぎる処分に怒ったが、A社の会長と萩生田氏が親しい関係にあることは有名だったため、追及されることはなかった。(以上、週刊朝日2019年12月27日号より)


 石森孝志・八王子市長は、萩生田氏の腹心。城代家老である。議会は圧倒的な自公支配だ。 

 八王子市は国政の縮図と言ってよい。安倍首相とその周辺がどんな違法行為を犯しても罪に問われないように、萩生田氏周辺の責任が問われることはない。

 八王子市で権力者に絡んだ凶悪事件が起きても警察は本気で動かないだろう。「詩織さん事件」がそうであったように。

 萩生田独裁の小国家で、間違っていることは間違っていると声に出して言える数少ない機会が、市長選挙だ。


 3選を目指す城代家老の石森市長の前に立ちはだかったのは、白神(しらが)ゆりこ候補予定者=弁護士・36歳=だ。

 法の支配が崩れた地で法律家が立ち上がったのである。田中が「大変な覚悟が要ったのではないですか?」と問うと、白神候補予定者は次のように答えた―

 「昔、治安維持法の改悪に反対して答弁する前に殺されてしまった山本宣治という国会議員がいて、(殺される前に)『山宣ひとり孤塁を守る、だが僕は淋しくない。背後には多くの民衆が支持しているからだ』と言ったんです。

 同じです。こういう闇に立ち向かうのは私一人。けれども背後にこれだけの共感者がいて一緒に市政を変えたいという仲間がいます。心細くない」。

 気になる選挙戦だが、現時点ではっきりしているのは、共産党と立憲Bなどが白神候補予定者を推す。

 八王子の立憲民主党にはA勢力とB勢力がある。Aは市長派。Bは是々非々で市政に臨む。立憲Aの動きはまだ定かではない。

  ~終わり~

     ◇
『田中龍作ジャーナル』は安倍首相とその周辺に忖度しません。

マスコミが報道しない権力との戦いを伝えます。ご支援何とぞ宜しくお願い申し上げます




◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1