「れいわ潰し」のタイミングは・・・



田中龍作ジャーナル
http://tanakaryusaku.jp/



2019年8月3日 20:47 Tweet



 消費税の廃止を高く掲げる「れいわ新選組」の結党記者会見の直後、田中は老婆心から山本太郎に進言した。

 「財務省を敵に回すと危ないから気を付けてね」と。こんな例を挙げながら話した―

 知人の大臣経験者A氏が特別会計にメスを入れようとしたところ、翌日までに財務省(当時大蔵省)がA氏の資産や愛人関係を洗い終わっていた(※)。

 山本は顔色ひとつ変えず「僕は(洗われても)怖いものはありませんから」と答えた。

 権力は少なくとも2012年末の総選挙の頃から山本をマークしていた。捜査機関に人脈のある某氏が、この頃から山本の街宣現場などに現れていた。それは今も変わらない。

 参院選挙での躍進で、山本は権力にとってさらに厄介な存在になった。「れいわ」が政権を取るようなことにでもなれば、既得権益は台無しにされてしまう。

 政権を取るまで行かなくても、山本の演説によって既得権益者の実態が白日の下にさらけ出されるのだ。


 政権交代(2009年)前夜の陸山会事件を思い出す。地検特捜部が「期ズレ」なる形式犯で小沢一郎を陥れようと仕掛けたのだった。長い裁判闘争を経て小沢は無罪となったが、ダーティーなイメージが国民の頭に刷り込まれてしまった。

 では、権力が「れいわ」を潰しにくるタイミングはいつか。

 今回の参院選で「れいわ」から大きく食われたのが立民と共産だった。両党はよほど大胆な政策変更をしない限り、またもや「れいわ」に食われる。

 私が官邸ポリスだったら、次の衆院選まで「れいわ」を温存しておく。立民と共産を壊滅的な所まで追い込んだ後、「れいわスキャンダル」をデッチあげる。

 ただ「れいわ」と陸山会が大きく違うのは、「れいわ」が、市民がカンパとボランティアで作り上げた国政政党ということだ。

 権力は「れいわ」に投票した228万の市民を敵に回せるだろうか。


   ◇

(※)
財務省は銀行を管理下に置いているため、個人の資産をすぐに把握できる。大臣ともなればSPが就寝まで護衛するため、愛人宅に寄ったことも上司に報告が行く。キャリアの横のつながりは密だ。霞が関を支配する財務省は情報をも支配する。

~終わり~





◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1