【JRA】3場共に開催最終日 中央では中京記念と函館2歳S、地方でも4重賞/本日の注目ポイント



netkeiba.com
http://www.netkeiba.com/



 7/21(日)は福島・中京・函館の3場開催。21日の天気は3場ともに曇りの予報となっている。

■サマーマイルシリーズの開幕戦・中京記念
 中京11Rは芝マイルのハンデ重賞・中京記念(GIII)。ヴィクトリアマイル2着のプリモシーン、ハンデ53kgで出走するNHKマイルC3着馬カテドラル、同じく3歳馬でハンデ52kgのグルーヴィットなどが出走する。

■現2歳世代最初のJRA重賞・函館2歳S
 函館11Rは2歳限定、芝1200mの函館2歳S(GIII)。タートルボウル産駒のタイセイビジョン、キンシャサノキセキ産駒レッドヴェイパーらが人気を集めている。また、北海道の角川秀樹厩舎からバブルガムダンサーら3頭が出走する。

■福島11R・福島テレビOPにコズミックフォースなど
 福島11Rは芝1800mの福島テレビオープン(OP)。昨年のダービー3着コズミックフォースを始め、大井のリコーワルサー、重賞勝ち馬のキョウヘイ、グレイル、プラチナムバレット、ベルーガ、ミュゼエイリアン、ロジチャリスら、楽しみなメンバーが揃った一戦。

■4人の地方所属騎手が中央競馬で騎乗
 中京で6鞍騎乗する佐藤友則騎手(笠松)は、先日盛岡競馬場で行われたジャパンジョッキーズCで個人総合優勝。他に、真島大輔騎手(大井)が福島で7鞍、桑村真明騎手(北海道)は函館で5鞍、阿部龍騎手(北海道)は函館で2鞍に騎乗する。

■中京1R・障害未勝利にルグランフリソンなど
 中京1Rは障害未勝利戦。障害初戦の前走を2着、平地ではオープン特別勝ちの実績があるルグランフリソンが障害初勝利を狙う。平地で準オープンまで出世したショウナンマルシェ、スマートボムシェルはここが障害初戦。

■福島5Rの新馬戦はオヌシナニモノに注目
 福島5Rはダート1150mの新馬戦。ニットー商事所有のカレンブラックヒル産駒・オヌシナニモノに注目したい。坂路にて一杯に追われた追い切りでは、4F50.9秒、1F11.9秒の好時計をマーク。内田博幸騎手を背に初勝利を目指す。

■中京5Rの新馬戦はジュンライトボルトに注目
 中京5Rは芝2000mの新馬戦。ジュンライトボルトに注目したい。セレクトセールにて1億2960万円で取引されたキングカメハメハ産駒の牡馬で、半兄は本日の11R・中京記念に出走するグルーヴィットという血統。福永祐一騎手を背に新馬勝ちを狙う。

■函館5Rの新馬戦はエレガントチャームに注目
 函館5Rは芝1800mの新馬戦。ルーラーシップ産駒の牝馬・エレガントチャームに注目したい。半兄に17年のマイルCS勝ち馬・ペルシアンナイト(父ハービンジャー)がいる血統で、鞍上は吉田隼人騎手。函館に移動してからも順調に調整が進んでおり、初戦から期待できる仕上がりだ。

■ばんえいでは北斗賞
 ばんえい・帯広競馬場では20時10分に北斗賞(3歳上・200m)が行われる。ばんえい十勝オッズパーク杯、旭川記念を含む3連勝中のオレノココロが出走。他にも、ばんえい記念優勝馬センゴクエース、重賞10勝のコウシュハウンカイなど好メンバーが揃った。

■佐賀・盛岡・高知でも重賞
 佐賀では18時10分に吉野ヶ里記念が行われる。2着までに8月のサマーチャンピオン(JpnIII)への優先出走権が与えられるレースで、昨年覇者ウルトラカイザー、一昨年覇者マサヤらが参戦。なお、本日はさらに盛岡でハヤテスプリント(18時00分)、高知でトレノ賞(17時50分)と、ばんえい合わせ地方で4つの重賞が行われる。