京都競馬場改築◆沢田準の競馬を楽しく

京都競馬場がスタンド改築などの工事を行うことが発表された。2020年月から2024年3月という長期な工事である。

この期間の中で2020年11月から23年3月の間は京都競馬場での開催は開催は中止で代替開催となるということだ。

京都競馬場での最も大きいレースは菊花賞と春の天皇賞であり、21年と22年はこの両レースが他の競馬場、おそらく阪神で行われることになる。

京都の現在のスタンドが造られたのは1980年でありこの時は79年の菊花賞と80年の春の天皇賞は阪神で行われた。

今回の改築は前回よりも期間が長くそこまで工事を行わなくてはならないのかと思われるほどだ。

もっとも日本の工事は納期は守られる。外国ではなかなか納期が守られずフランスのロンシャンは1年の予定が2年掛かってしまったし、競馬場ではないがロンドンのウエンブリーサッカー場は何年たっても出来上がらなかった。

JRAのスタンドの全面的な改築は1990年の中山に始まり全競馬場が新築され最後が京都というわけである。

80年に現スタンドができる前にはそれまでのスタンドとは全く独立して4コーナー寄りにスタンドが造られていた。二層式で上の層が指定席のスタンドでこれを新スタンドと呼んでいた。

現スタンドができた後もしばらくはこのスタンドが残されており旧新スタンドなどと呼んだものである。その後ビッグスワンが追加された。

新スタンドの概要はJRAのHPに載っているが現在のスタンドよりやや小さくなるようだがそれでもかなりの規模だ。

ファンの競馬場来訪は次第に減少しておりこれまでのような大きなスタンドが必要なのだろうか。しかし大レース当日には多くのファンが集まってくる。

その日だけでもファンを収容しなければならない。大きなスタンドはやはり必要というわけである。

また京都の下見所は唯一の円形であり現スタンドになった時もそれは維持されたが、見にくいという批判があったためか他場と同じ長円形になるということだ。

京都の特徴の一つだったがやむおえないということだろう。



◆沢田準【競馬を楽しく】
http://bit.ly/1BFqU5c

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp