小西議員「時の内閣に盲従する内閣法制局長官は辞任を」



田中龍作ジャーナル
http://tanakaryusaku.jp/



2019年3月13日 08:37 Tweet



 行政の横暴を象徴するような答弁が国会で散見される。答弁の主は安倍首相お気に入りのトップ官僚である。

 6日、参院予算委員会で小西洋之議員(立憲会派)の質問に対して、横畠裕介内閣法制局長官が「声を荒らげて」と揶揄し、物議を醸した。

 12日の参院外交防衛委員会は問題発言の追及の場となった。

 小西議員が横畠長官に「どこの部分を指して『声を荒らげて』というのか?」「答えられないのであれば内閣法制局長官の職を辞するべきだ」などと迫った。

 横畠長官は「国会議員の発言に(対して)行政府にある者が評価的なことを申し上げるべきでない」と壊れたテープレコーダーのように繰り返した。その数15回。

 6日の予算委員会で小西議員の質疑に対して「評価的な」ことを答弁したのは、他ならぬ横畠長官だった。

 横畠長官は顔つきといい口調といい、国会議員たる小西氏を明らかに嘲っていた。安倍政権の体質がにじみ出ていた。


 小西議員は5年前にも「内閣法制局長官と法の支配の関係」を問うた質問主意書を提出している。

 横畠長官の問題発言は小西氏が自らの質問主意書に対する安倍内閣の答弁書の確認を求めた際、飛び出した。安倍内閣の答弁書はこうだ―

 国会での審議の場での国会議員による内閣に対する質問は、憲法が採用している議院内閣制の下での国会による内閣監督の機能の表れであると考えている。

 議院内閣制度の下の国会議員による内閣監督権は、安倍内閣自身が表向き認めているのだ。
 
 集団的自衛権の行使を容認する姿勢を安倍首相に評価されて政治任命された横畠長官は、国会議員の内閣監督権を蔑ろにしたのである。

 「(横畠長官の)6日の発言は法律的良心を逸脱し、時の内閣の意図に盲従し、よって立法府・国会しか持つことができない自立権を侵害したのではないですか」- 小西議員は喝破した。

 このまま行けば国会は安倍政権の追認機関となる。北朝鮮の最高人民会議と同様の。



    ~終わり~




◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1