2017年08月

08.31(木)/大井競馬/無料公開/有料情報◆青木義明の競馬一直線

・昨日の無料公開は3連複50倍的中☆


★無料公開予想★
大井07R/C2(17:55)

枠単・ボックス
2.4.5.7.8
20点×1000円


★有料情報★
大井09R/C1/3連複20点(19:00)
大井11R/シンデレラチャレンジ/3連単60点(20:10)
(2000pt)


情報は、ログインMENUの「特設ステージ」内にアップしてあります。よろしければご購入ください。
(↓ログイン↓)
http://ktsn.jp/reader/login

※ご購入後に情報メールが配信されます。仮に配信が遅れた場合は、ログインMENUの「ご購入履歴」を閲覧してください(タイムラグなし)。


◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2i9b3sz

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

08.30(水)/大井競馬/無料公開/有料情報◆青木義明の競馬一直線



★無料公開予想★
大井05R/3歳(16:55)

3連複・軸1頭ながし
09→01.03.07.08.10.16
15点×1000円


★有料情報★
大井07R/C2/馬複15点(17:55)
大井08R/C1/3連単60点(18:25)
(2000pt)


情報は、ログインMENUの「特設ステージ」内にアップしてあります。よろしければご購入ください。
(↓ログイン↓)
http://ktsn.jp/reader/login

※ご購入後に情報メールが配信されます。仮に配信が遅れた場合は、ログインMENUの「ご購入履歴」を閲覧してください(タイムラグなし)。


◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2i9b3sz

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

青木配合馬ニシノダンテに関する記事◆青木義明の競馬一直線


青木配合馬で小倉2歳Sに出走予定のニシノダンテに関する記事を見つけたので転載させていただきます。昨年はキョウヘイがこのレースで惜しい4着。人気はないけど3着以上を期待しています。




【小倉2歳S】若武者・三津谷騎手がニシノダンテで挑む「精一杯、頑張ります!」



netkeiba.com
http://www.netkeiba.com/



 今週日曜、小倉2歳S(GIII)では藤田菜七子、荻野極、三津谷隼人らデビュー後3年に満たないフレッシュなジョッキーたちが手綱をとる。彼らは通算100勝以下(地方交流を含む)であるため、平場のレースでは“見習い騎手”という扱いで負担重量が軽くなる恩恵を受けている。しかし、重賞でその特典はないため、なかなか騎乗のチャンスには恵まれないのが現実だ。つまり、彼ら若武者にとってこの一戦はとても貴重なものなのだ。

 今年でデビュー3年目の三津谷隼人騎手(20歳、栗東・目野哲也厩舎所属)は今回が2度目の重賞挑戦。8月19日の未勝利戦でニシノダンテを勝利に導いた縁で今回も鞍上を任された。ニシノダンテを管理する田所秀孝調教師は未勝利戦勝利から今回の騎乗依頼までの過程を振り返る。

「それまで適性を見込んで芝で2戦しましたが、少しソエが出てきたので次は脚元への負担を考えてスピードの生かせるダート短距離戦へ。初ダートで距離も1000mと短いので、“少しでも馬に負担のない騎手に任せたい”ということで51キロで騎乗できる三津谷くんに依頼しました。

 ニシノダンテはスタートそのものは普通だが、仕掛ければスッと前につけられる馬だと考えていました。だから、前に行くように指示をしたところ、三津谷くんは実にうまく乗ってくれた。後続に5馬身離し、勝ちっぷりもよかった。これなら、重賞も任せられると思ったんです」

 三津谷騎手はこの勝利で今期6勝目をあげた。

「先生の指示どおり、スムーズな競馬ができました。1000mという短い距離でも一本調子にならず、いったん息を入れたあと4コーナーで気合を入れたら伸びてくれました」

 小倉2歳Sまで中1週。馬のコンディションは夏負けもなく、引き続き良い。騎手の大先輩であり調教師として2002年にこのレースをメイプルロードで制している田所師は、三津谷騎手に教えるように小倉2歳Sでの乗り方を指南する。

「2歳の夏と若くてまだ競馬をわかっていない馬も多い上に、小倉の芝1200は平坦な小回りコースだからトリッキーな要素が少ない。若い騎手たちも比較的乗りやすい重賞なんです。枠順や馬の並び、馬場などによって多少は変わりますが、基本的には前々で競馬をさせたい。でも、何が何でも競ってでもいいから前を追いかける、というのはないです。前回のように自分で自然に前につけられるような競馬をさせるのが理想です」

田所師「大事なのは、その上で“どこまで前を追いかけていくか”。追いかけすぎるとラストまで脚がもたない。かといって、早く仕掛ければ後ろからきた馬にやられる。そのあたりをうまく判断してほしい」

三津谷騎手「はい!」

田所師「仮に道悪で内枠だったら、思い切って内ラチピッタリでまわってきてほしいね」

三津谷騎手「はい!!」

 真剣な面持ちで答える三津谷騎手には“このチャンスをモノにしたい”という必死さがうかがえる。そんな若武者に田所師は、

「あとは重賞を楽しんでおいで」

 と優しく声をかける。厳しい夏の戦の裏で、なんとも微笑ましい一幕が垣間見えた。

「とにかくこの馬のことを考えながら、田所先生が言ってくれたように自分も楽しめるように精一杯頑張ってきます」(三津谷騎手)

(取材・写真:花岡貴子)


◆ニシノダンテの6代血統表&9代クロス解析表
http://keibatsushin.blog.jp/archives/18030496.html



◆青木義明の競馬一直線
http://bit.ly/2i9b3sz

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp


使える時間は4分のみ 現実に見えた「Jアラートの実力」



http://news.nifty.com



2017年08月29日 07時46分 NEWSポストセブン



 8月29日の朝、日本中が震撼した。NHKをはじめテレビ各局の画面は全面、危機を煽るような黒い地に赤い帯の入った「国民保護に関する情報」が映し出され、次々にテロップで臨時ニュースが流された。各自のスマホ・携帯電話にも速報が続々と流された。〈北朝鮮がミサイルを発射した模様。避難を〉。短いながら強い言葉だ。しかし、今回の発射でわかったことは、「やっぱりJアラートは国民保護にはほとんど役に立たない」ということである。

 Jアラート(J-Alert)の正式名称は「全国瞬時警報システム」で、2007年から運用が開始された。衛星を利用して情報をキャッチし、自治体などに流すシステムだ。Jアラートから情報が流されると、〈市町村の防災行政無線等が自動的に起動し、屋外スピーカー等から警報が流れるほか、携帯電話にエリアメール・緊急速報メールが配信されます〉ということになっている(国民保護ポータルサイトより)。

 最初の「発射情報」が発表されたのは6時2分。発射時刻は5時57分と見られていることから、発射後5分ほどで情報を発表したことにはなる。ただし、多くの国民にその情報が行き渡るかどうかというと、話は別だ。スマホで“速報”が実際に受信できたのは1~2分遅れだった。

 北海道上空を通過したと見られるのが6時6分。発表からわずか4分。いや、実際に国民が情報を入手してからは、最大でも2~3分しかないかもしれない。「どこに避難すれば? まず情報収集だな。テレビをつけて…」などとやっている間に、ミサイルはとっくに頭の上を通過していたのである。北朝鮮が日本国土を狙っていれば、Jアラートに気付いてテレビをつけたと思ったら、もう火の海になっていてもおかしくない。

 早朝だったから、スマホの情報にも気付かず、地域の防災行政スピーカーなども聞こえず、「起きてからテレビをつけて、発射されたことを知った」というケースも多くあるだろう。ジャーナリストの武冨薫氏が指摘する。


「Jアラートは100億円以上を投じて整備され、それを伝達するEm-Net(エムネット。緊急情報ネットワークシステム)とセットで国が主導して導入を進めてきましたが、“いざミサイルを撃たれたら、間に合わない”ことは当初から指摘されてきました。それなのに政府が『国民の生命と財産を守るため』と導入をゴリ推ししてきたのです。過去には2008年6月に福井県美浜町で誤作動を起こして『ミサイルが着弾するおそれあり』という誤報を流して住民をパニックに陥れさせたこともあります」

 これがJアラートの実力だ。発射情報から、わずか4分。あなたは今回、その4分で何ができましたか? 避難した? 慌てふためいていた? それとも、寝ていた?


08.29(火)/大井競馬/有料情報◆青木義明の競馬一直線


★有料情報★
大井07R/C1/馬複15点(17:55)
大井09R/C1/3連複20点(19:00)
(2000pt)


情報は、ログインMENUの「特設ステージ」内にアップしてあります。よろしければご購入ください。
(↓ログイン↓)
http://ktsn.jp/reader/login

※ご購入後に情報メールが配信されます。仮に配信が遅れた場合は、ログインMENUの「ご購入履歴」を閲覧してください(タイムラグなし)。


◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2i9b3sz

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

明日から3日間、大井競馬に挑戦します◆青木義明の競馬一直線


中央競馬で少しモヤモヤしています。そこで明日から3日間の予定で大井競馬に挑戦し、ビッグヒットを狙います。1日2レースの勝負、情報料は2000円です。よろしければご利用ください。



◆青木義明の競馬一直線
http://bit.ly/2i9b3sz

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp


もっと当てます◆青木義明の競馬一直線


先週の的中レースは下記の買い目で新潟11R/BSN賞の3連複81.1倍と新潟10R/朱鷺Sの3連単111.1倍の2レースだけだった。

ただ、後者はクビ差で9番人気08タガノブルグが1番人気05ワンスインナムーンを交わしていれば261倍に跳ね上がっのに残念。前者も3連複でなく3連単なら637倍と、もっとおいしさを味わえたのに戦術をミスった。

また、残念と言えば日曜日の公開予想・五頭連峰特別もハナ差で馬連(11-13)176倍を取り逃がした。約70万円が紙屑へと化した。これは7番人気11メイショウオワラと8番人気13ペルソナリテの馬券だったが、その間に16番人気05マイネルディアベルが逃げ粘り、馬連はなんと29万馬券の大波乱。新潟競馬の新記録だそうだ。狙うときはあきれるほど大胆に行かなければ大金はゲットできない。

それはキーンランドCでも同様だった。名手ルメールに操られ、12番人気で優勝した9歳馬のエボワスを3連単フォーメーションの2着候補5頭の中には抜擢したが、1着にまでは持ち上げられなかった。結果的に、馬連か馬単のボックスにしておけば、という後悔が残る。

いずれにしても損はしなかったけれど、今週はもっと気合を入れて、バシバシ当てます。いまはたっぷり研究時間があるのだから、これは自己との戦いと言える。

我は一人、ゆえに我を生かす(武者小路実篤)



[日曜日・無料公開予想]
新潟09R/五頭連峰特別(14:35)

馬連・ボックス
01.07.08.11.12.13
15点×4000円

・ハナ差で176倍を逸す(約70万円)

---------

[土曜日]
新潟11R/BSN賞

3連複・ボックス
01.04.05.07.11.13
20点×3000円

・3連複(01-05-13)81.1倍的中
・獲得額 24万3300円

----------

[日曜日]
新潟10R/朱鷺S

3連単・1着固定ながし
05→01.02.04.08.09.10
30点×1000円

3連単・2着固定ながし
05→01.02.04.08.09.10
30点×1000円

・3連単(05-09-08)111.1倍的中
・獲得額 11万1100円



◆青木義明の競馬一直線
http://bit.ly/2i9b3sz

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp



08.27(日)/無料公開予想/有料情報◆青木義明の競馬一直線


★無料公開予想★
新潟09R/瀬波温泉特別(14:35)

馬連・ボックス
01.07.08.11.12.13
15点×4000円


★有料情報★
新潟10R/朱鷺S/3連単60点
札幌11R/キーンランドC/3連単80点
(2000pt)


情報は、ログインMENUの「特設ステージ」内にアップしてあります。よろしければご購入ください。
(↓ログイン↓)
http://ktsn.jp/reader/login

※ご購入後に情報メールが配信されます。仮に配信が遅れた場合は、ログインMENUの「ご購入履歴」を閲覧してください(タイムラグなし)。


◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2i9b3sz

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

08.26(土)/無料公開予想/有料情報◆青木義明の競馬一直線


★無料公開予想★
小倉09R/ひまわり賞(14:15)

◎05レグレドール

3連複・軸1頭ながし
05→01.06.07.08.11.13
15点×4000円


★有料情報★
新潟09R/瀬波温泉特別/3連複25点
新潟11R/BSN賞/3連複25点
(2000pt)


情報は、ログインMENUの「特設ステージ」内にアップしてあります。よろしければご購入ください。
(↓ログイン↓)
http://ktsn.jp/reader/login

※ご購入後に情報メールが配信されます。仮に配信が遅れた場合は、ログインMENUの「ご購入履歴」を閲覧してください(タイムラグなし)。


◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2i9b3sz

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

謙虚に馬券に専念◆青木義明の競馬一直線


20年以上も出版活動をしていた過去は過去として、細かいことを除けば「配合診断」と「馬券情報」が現在の小生の本業である。

前者は少ない対象馬からこれまでに一流馬も作ってきたけれど、そしてまた機会があればベストを尽くすけれど、日ごろの情熱は「馬券」に注がれなければならない。

プロ馬券師、最強の勝負師。大金を稼ぐ。

これは耳障りのいい言葉だが、言うは易し、行なうは難しの最たるものだ。やればやるほど痛感させられる。

先週の馬券情報は公開予想が2勝、有料情報は4敗で、お詫びするしかない。特に日曜日の北九州記念は3連複24万円、札幌記念は馬単6万円でバットは虚しく空を切った。

しかし、そんなレースで勝負することが大間違い、と考えないと進歩はない。どんな波乱のレースも当てられると思うのは不遜である。過大評価、怖いもの知らず、そして金儲けが下手の誹りを免れない。

謙虚に、実力に見合ったレースで、確実に勝利を積み重ねる姿勢が今は大切と思っている。今週は馬券研究に専念してきたので、いい結果が得られるよう最終決断を下したい。最大の武器は「配合分析力」であることを再認識しておこう。



◆青木義明の競馬一直線
http://bit.ly/2i9b3sz

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

加計問題「安倍退陣後に獣医学部認可」誰も責任取りたくない



http://news.nifty.com



2017年08月24日 07時00分 NEWSポストセブン


 安倍晋三首相の関与が取り沙汰される加計学園の獣医学部認可が「安倍退陣後」に延期される可能性が高まっている。もはや“政治案件”となった加計問題は簡単に決着させられそうにない。安倍首相の親友である、加計学園理事長の加計孝太郎氏の命運はどうなるのか。

 文部科学省の「大学設置・学校法人審議会」は8月末に予定していた加計学園の獣医学部認可の判断を10月末にいったん延期する。一部には「白紙撤回」「不認可」説も報じられているが、過去のケースを見れば、認可が大学設置審に諮問された段階で文科省内部の調整と根回しは済んでおり、認可申請を「不認可」にすることは極めて異例だ。文科省OBが語る。

「審議会の委員はこんな政治案件を認可したら批判を浴びるからしたくない。だが、不認可は大学の経営不安に直結するから影響が大きく、そんな責任も取りたくない。できる限り先送りしようというのが役所側の本音だ」

 自民党幹部も「加計理事長の証人喚問をしないで、なし崩しに認可すれば総選挙でものすごい反発を浴びる。かといって喚問をするのは寝た子を起こすことになるからもっとまずい。大学設置審の判断延期は当然のことで、認可の判断は来年の総選挙の後まで延期して選挙の争点にならないようにしなければならない。当然、認可するにせよ安倍総理が退陣した後、次の政権が判断することになる」という見方をしている。

 そうなると開校は早くても2020年か2021年の4月となる。安倍首相下での憲法改正は事実上困難だから、“安倍政権のレガシー”は「退陣後の獣医学部新設」という残念なことになるかもしれない。

 新キャンパスを造成中の加計学園の投資額はすでに巨額にのぼり、文科省傘下の日本私立学校振興・共済事業団から50億円を超える借り入れをしている。「不認可」となれば巨額の投資をドブに捨てることになり、経営がいっぺんに傾いてしまう。日本私立学校振興・共済事業団にとっても、不良債権となりかねない。だから文科省も不認可にするわけにはいかないわけだが、認可が大幅に遅れれば教員採用や学生募集にも影響が出るから、いずれにせよ加計学園は経営難に直面するのは避けられそうにない。

 加計理事長も、認可延期で来年4月開校断念となれば、経営責任の問題が生じる。記者会見などを開かざるを得ないはずだが、政界関係者は「加計孝太郎さんは認可がすんなりいかない場合は理事長を辞任するつもり。ダミーの理事長を立てて会見させるんじゃないか」とみる。

 本人も表に出たくないし、安倍政権としても、何があっても加計氏を会見などでマスコミの前に出したくないのが本音だろう。“永田町のお約束”通り、この問題は誰も責任を取らないまま、うやむやになりそうだ。

花咲徳栄が初優勝!埼玉県勢初 全6試合で2桁安打



http://news.nifty.com



2017年08月23日 16時48分 日刊スポーツ



<全国高校野球選手権:花咲徳栄14-4広陵>◇23日◇決勝

 花咲徳栄は初の決勝で参加3839校の頂点に立った。初戦から全6試合2桁安打の16安打14得点の猛攻で、埼玉県勢としても悲願の初優勝となった。

 ともに初優勝をかけた激突。広陵、花咲徳栄とも初戦から全5試合で2桁安打で決勝まで勝ち上がってきていた。

 花咲徳栄が先制した。1回表。1番太刀岡、2番千丸の連打で無死二、三塁とすると3番西川の打球は二塁手の後方に落ち、2者が生還した。

 広陵はその裏1死一塁で3番中村が左二塁打を。二、三塁でここは後続が倒れるが、続く2回の2死二塁。9番平元の一塁線を破る二塁打で1点を返した。

 3回、花咲徳栄が加点。2死二、三塁で5番須永が中前打に弾き返し2点。広陵も離れない。その裏2死から4番村上、5番大橋の連打で1点。中村はこの回、大会29打席目で初三振を喫した。

 花咲徳栄の勢いが加速する。5回。無死一、三塁で西川が初回に続き2者をかえす右中間三塁打。さらに4番野村の左前適時打など打者10人、長短5安打集中で6点。6回にも打者9人で4点を挙げ、広陵を突き放した。

 広陵・中村は9回にこの日3安打目となる左二塁打を放ち、大会通算安打記録の19に並んだ。

 広陵は07年以来4度目の決勝進出だったが、初優勝はならなかった。


10月トリプル補選 自民負け越し濃厚で“安倍降ろし”に号砲



http://news.nifty.com



2017年08月22日 09時26分 日刊ゲンダイDIGITAL



 自民党内がザワつき始めた。脳卒中で入院していた自民党の長島忠美衆院議員が18日に急逝。これによって、衆院新潟5区の補欠選挙が10月10日告示、同22日投開票の青森4区、愛媛3区の両補選と同時に実施されることになったためだ。

 今年3月の自民党大会で、党総裁任期を「連続3期9年」に延長することが正式に決まってから初めての国政選挙は、与野党対決型の「トリプル補選」だ。いずれも自民党議員の死去に伴うもので、自民党内からは「ひとつも落とせない」という声が上がる。自民党の中堅議員が言う。

「青森と愛媛のダブル補選が決まった段階で、10月の補選が安倍総理の総裁3選を占う試金石になるとみられていました。都議選の惨敗に続き、国政選挙でも負ければ、一気に安倍降ろしが始まる。ただし、青森は勝てそうだといわれていて、1勝1敗なら、しばらく安倍総理のままで様子見が続くとの見立てもありました。しかし、トリプルになったことで状況は一変した。愛媛と新潟で2敗する可能性が濃厚なのです。補選で負け越せば、もう党内は持ちません」

 青森だって、どうなるか分からない。昨年の参院選でも、青森選挙区は野党統一候補が勝利した。

「世論調査の内閣支持率は、依然として不支持率の方が高い。しかも、不支持の理由は『首相を信用できない』が増え続けています。支持者から『安倍さんはダメだ』などと厳しい言葉を投げかけられるたび、次の選挙が不安になるとボヤいている自民党議員は少なくない。森友問題で『記録はない』と言い張って安倍首相を守った佐川理財局長が国税庁長官に昇進した論功行賞人事にも、有権者の批判が集まっています。安倍首相のままでは、とても選挙を戦えないというのが現場のホンネなのです」(政治ジャーナリストの山田厚俊氏)

■ポスト安倍をにらんだ派閥の“票読み”も

 石破元幹事長も19日のTBSの番組収録で、佐川長官が就任会見を開かないことを批判した。

「地方で話を聞くと『税金を払いたくない』という人が出てきた」というのだ。

 多くの自民党議員が逆風を肌で感じている。来月召集される予定の臨時国会で森友・加計問題が再燃すれば、補選3敗もあり得る。そうなれば即、安倍降ろしだ。

「トリプル補選の負け越しを糊塗し、森友・加計の疑惑をリセットするために、10月22日に解散総選挙をぶつけてくる可能性も高まっています。ただ、その場合も安倍首相で選挙をやりたいと考えている自民党議員は少数派でしょう。大半は新しい選挙の顔で戦いたいと考えているはずです。くすぶっている森友・加計疑惑は首相自身が招いた問題なのに、国民への丁寧な説明を拒み、強引に幕引きしようとすれば、さすがに党内も『冗談じゃない』と騒ぎ出す。補選を待たずに安倍降ろしが始まってもおかしくありません」(山田厚俊氏)

 早くも水面下では、ポスト安倍首相をめぐる派閥の駆け引きが激しくなっているという。

「石破氏につくか、岸田氏につくか、派閥単位の票読みも始まった。世論調査で『次期首相にふさわしい政治家』のトップに石破氏が選ばれたことで、二階派と額賀派が石破氏につくんじゃないかといわれています。選挙の顔を選ぶわけだから、人気が高いことが第一条件です」(自民党関係者)

 “安倍1強”が続いてきたのも、選挙に勝てると思えばこそ。負けが見えれば、あっという間にお払い箱だ。補選までの2カ月間で何が起きてもおかしくない。


そう簡単ではない。

実感として思っている、この言葉の意味、重み…。

言うは易し、行なうは難し。

このままではいけない。

もっと前に出よ!!
もっと鋭く切り込め!!

・配合分析力

・馬券構築力


青木義明

広陵・中村が準決勝2発で清原超え 今大会6本塁打で最多記録を32年ぶり更新



http://news.nifty.com



2017年08月22日 11時11分 Full-count




1大会6本塁打は大会新、1試合2本塁打は初戦に続いて2度目

 第99回全国高等学校野球選手権大会は22日、大会第13日が行われ、準決勝第1試合で広陵(広島)の中村奨成捕手が2本塁打を放ち、今大会通算6本塁打として1大会の最多本塁打記録を更新した。

 天理(奈良)戦の初回、中村は1死二塁の好機で碓井の初球のシュートを完璧に捉え、バックスクリーンへと運んだ。豪快な打撃に、甲子園はどよめきに包まれた。

 これが今大会5号。32年前の1985年に清原和博(PL学園)がマークした1大会の通算最多本塁打記録に並んだ。

 中村は第2打席は遊飛に倒れたものの、3-4と1点を追う5回の第3打席で甲子園に新たな歴史の1ページを刻んだ。先頭で打席に立ち、左中間へ完璧なソロ本塁打。値千金の同点弾で今大会通算6本塁打とし、清原の記録を32年ぶりに塗り替えた。

 中村の1試合2本塁打は1回戦の中京大中京(愛知)戦に続き、今大会2度目。2回戦の秀岳館(熊本)戦、3回戦の聖光学院(福島)戦と初戦から3試合連続本塁打を放っていた。(Full-Count編集部)

運がよければ勝機も生まれる◆青木義明の競馬一直線



先週はいいことも悪いこともあった。青木配合馬ではニシノダンテが土曜日の小倉01R・2歳未勝利戦(ダート1000)を好タイムで逃げ切り勝ち。単勝は11倍も付けた。3連複も万馬券。

しかし、会員様への馬券情報は公開予想が2勝、有料情報は4敗で、お詫びするしかない。尋常の予想方法では当てられないレースも多くあり、特に日曜日の北九州記念は3連複24万円、札幌記念は馬単6万円ではバットが空を切るのもやむをえない。

レースの流れやハンデや枠順など、実力意外に競馬の着順が決まる要素はいくつもあり、その中で人気というモノはあてにできない側面もある。人気によって騎手のマーク馬やレースの流れも左右される場合があり、札幌記念などは追い込み馬に有利で、北九州記念はその逆だった。

競馬は完全予測の不可能なスポーツだが、どんなに人気薄でも運がよければ勝機も生まれるというものだ。馬主サイドは、どんな無印でも期待を抱くことはできる。

だが、馬券を買う側は一喜一憂せず、あくまで自分の基本スタイルで真剣勝負を貫徹することが重要であり、それをさらに磨き上げることで今後の大勝利を掴み取りたいと思っている。



ニシノダンテ6代血統表&9代クロス解析表
http://keibatsushin.blog.jp/archives/18030496.html



北九州記念の優勝馬ダイアナヘイローの6代血統表&9代クロス解析表
http://keibatsushin.blog.jp/archives/18075034.html



札幌記念の優勝馬サクラアンプルールの6代血統表&9代クロス解析表
http://keibatsushin.blog.jp/archives/18075063.html




◆青木義明の競馬一直線
http://bit.ly/2i9b3sz

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp



08.20/無料公開予想/有料情報◆青木義明の競馬一直線


★無料公開予想★
小倉10R/西部スポニチ賞(14:50)

馬単・ボックス
01.04.08.09.10
20点×3000円



★有料情報★
札幌11R/札幌記念/馬単20点
小倉11R/北九州記念/3連複25点
(2000pt)


情報は、ログインMENUの「特設ステージ」内にアップしてあります。よろしければご購入ください。
(↓ログイン↓)
http://ktsn.jp/reader/login

※ご購入後に情報メールが配信されます。仮に配信が遅れた場合は、ログインMENUの「ご購入履歴」を閲覧してください(タイムラグなし)。


◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2i9b3sz

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp


仙台育英9回逆転サヨナラ!大阪桐蔭の春夏連覇砕く


2017年08月19日 19時32分 日刊スポーツ



<全国高校野球選手権:仙台育英2-1大阪桐蔭>◇19日◇3回戦

 仙台育英(宮城)が逆転サヨナラで春夏連覇を狙った大阪桐蔭を破り、準優勝した15年以来2年ぶりに8強入りした。

 仙台育英はエースでここまで2戦15イニング無失点の左腕・長谷川拓帆投手(3年)が先発。大阪桐蔭は初戦で救援し2回0封だった柿木が先発し、引き締まった投手戦になった。

 4回、大阪桐蔭は無死二塁のチャンスをつくったが、仙台育英・長谷川が4番根尾昴外野手(2年)からの3人をすべて二ゴロに打ち取り得点に至らず。5回、仙台育英も1死二塁と攻めたが、長谷川を三振に斬るなど大阪桐蔭・柿木が踏ん張った。

 8回、ついに試合が動く。大阪桐蔭の2番、山本ダンテ武蔵外野手(3年)が1死から二塁打。続く3番の中川卓也内野手(2年)の左前打で先制した。長谷川は今大会23イニング目で初失点となった。

 その裏、仙台育英は2死から2四死球で一、二塁と攻める。鈴木の左前打で二塁から長谷川がホームを狙ったが、大阪桐蔭は左翼山本の好返球で同点を許さなかった。

 仙台育英は9回も2死から杉山が安打と盗塁、さらに四球で2死一、二塁と攻めた。若山の遊ゴロで試合終了と思われたが、一塁手がベースを踏んでおらず満塁となった。その後、途中出場の馬目郁也内野手(3年)が左中間を破る2点打で逆転サヨナラ。試合を決めた。

 20日の準々決勝では、3回戦で聖光学院(福島)を破った広陵(広島)と対戦する。

青木配合馬ニシノダンテが2歳未勝利戦を2戦目で快勝◆青木義明の競馬一直線


土曜日の小倉01R・2歳未勝利戦(ダート1000)に出走した青木配合馬のニシノダンテは大外枠から好スタートでハナを奪い、そのまま逃げ切って快勝。タイムは59秒2と上等。母系はミルリーフと同系で近親にフジキセキやシャイニンレーサーがいる。父タイキシャトル、母の父マンハッタンカフェで、ヘイロー3×4。馬体も480キロとこれからが楽しみとなった。



ニシノダンテ6代血統表


ニシノダンテ9代クロス解析表




08.19/無料公開予想/有料情報◆青木義明の競馬一直線


★無料公開予想★
新潟09R/出雲崎特別(14:35)

馬連・ボックス
02.03.06.11.12.13
15点×4000円



★有料情報★
小倉09R/小郡特別/馬単20点
新潟10R/苗場特別/3連複25点
(2000pt)


情報は、ログインMENUの「特設ステージ」内にアップしてあります。よろしければご購入ください。
(↓ログイン↓)
http://ktsn.jp/reader/login

※ご購入後に情報メールが配信されます。仮に配信が遅れた場合は、ログインMENUの「ご購入履歴」を閲覧してください(タイムラグなし)。


◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2i9b3sz

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

高校時代は「暗黒」、でもそれあっての今 田中理恵さん




2017年8月17日 19時33分
朝日新聞デジタル



■甲子園観戦記 元体操選手・田中理恵さん

 東京ドームでプロ野球の始球式をさせてもらったことはあるけど、甲子園は雰囲気が全然違う。ブラスバンドの演奏の影響かなあ。若さというか、エネルギーを感じます。

 今年1月に結婚し、旦那さんがスポーツ好きな影響で野球中継をよく見るようになりました。和歌山出身なので、智弁和歌山は、6点差を逆転した初戦もテレビで見ました。思っていたより地元の選手が多いですね。対戦相手の大阪桐蔭にも和歌山出身の選手が何人かいる。地元というだけで応援したくなります。

 4万7千人も観客が入ってるんですか! 体操は国内で一番大きな大会でも数千人。五輪でもこんなに大勢の前で演技することはありません。それでも、大きな拍手を浴びるのは快感でした。高校球児がうらやましいなあ。

 私の高校3年間は暗黒時代でした。中学3年の全国大会で個人総合3位に入って、2年後の2004年アテネ五輪を目指そうと思った矢先に、左足首の遊離軟骨のせいで練習できなくなった。ストレスで、から揚げや菓子パンを隠れて食べていたうえ、月経も始まって体重は1年弱で10キロも増えました。体が重くて新しい技もできないし、やる気も起きない。

 両親は体操の指導者で、兄の和仁(ロンドン五輪男子団体銀メダリスト)と弟の佑典(リオデジャネイロ五輪男子団体金メダリスト)は当時から、その世代のトップ選手。家族や体操への反抗心から高校2年の時、茶髪にしました。家に帰ったら、父から新聞紙やテレビのリモコンが飛んできた。父は私が通っていた和歌山北高の生活指導教諭だったんです(笑)。

 練習を1カ月、ボイコットしたこともありました。それでもやめなかったのは、根が体操好きだったから。体が動かないなりに、車輪や倒立などの基礎練習は続けていました。そんな姿を見て「この子はまだやれる」と思った強豪の日体大の指導者から声をかけてもらった。進学を迷っていたら、弟から「そろそろ本気出したら?」と言われた。あれは心に響きましたね。私の転機になりました。

 1点差で大阪桐蔭が勝ったけど、最後の最後までドキドキさせてもらいました。智弁の投手が泣きながらクールダウンをしている。一夏にかけてきたんだろうな。熱くなれる高校時代がうらやましい。あの頃に戻ってやり直したい? それはないです。高校時代にさぼったからこそ、体操女子では遅咲きといわれる20代でピークを迎えて注目してもらったし、3きょうだいそろって五輪に出られたので。(構成・金島淑華)

     ◇

 たなか・りえ 1987年、和歌山県出身。6歳で体操を始め、25歳だった2012年ロンドン五輪に兄和仁、弟佑典とともに出場した。13年に現役引退。現在は20年東京五輪・パラリンピック組織委員会理事。


マイティティーが押し切り重賞初V/ブリーダーズゴールドC・門別

マイティティ―5代血統表


netkeiba.com
http://www.netkeiba.com/



 17日、門別競馬場で行われた第29回ブリーダーズゴールドC(GIII・3歳上・牝・ダ2000m・1着賞金2500万円)は、2番手でレースを進めた池添謙一騎手騎乗の6番人気マイティティー(牝5、栗東・本田優厩舎)が、3コーナーで先頭に立ってゴールまで押し切り、5番手追走から差を詰めた1番人気クイーンマンボ(牝3、栗東・角居勝彦厩舎)に3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分8秒4(重)。

 さらに6馬身差の3着に4番人気オージャイト(牝4、美浦・加藤征弘厩舎)が入った。なお、3番人気スルターナ(牝5、栗東・昆貢厩舎)は4着、2番人気タイニーダンサー(牝4、美浦・伊藤圭三厩舎)は7着に終わった。

 勝ったマイティティーは、父エンパイアメーカー、母チアズガディス、その父フレンチデピュティという血統で、これが重賞初制覇。

【勝ち馬プロフィール】
◆マイティティー(牝5)
騎手:池添謙一
厩舎:栗東・本田優
父:エンパイアメーカー
母:チアズガディス
母父:フレンチデピュティ
馬主:五影慶則
生産者:フジワラファーム
通算成績:25戦6勝(重賞1勝)

シリーズレース◆沢田準の競馬を楽しく

やや旧聞になるが、地方競馬全国協会から新しいシリーズとして「3歳秋のチャンピオンシップ」が発表された。

11月19日に水沢で行われるダービーグランプリと対象としたもので、指定された各地のレースとダービーグランプリを勝った馬の馬主に対してボーナスを出すというものである。

指定されたレースは三つのカテゴリーに分かれており、Aは黒潮盃(大井)でボーナスは800万、Bは戸塚記念(川崎)、秋の鞍(名古屋)、不来方賞(盛岡)、西日本ダービー(佐賀)でボーナスは500万。

そしてカテゴリーCはサラブレッド大賞典(金沢)、ロータスクラウン賞(佐賀)、岐阜金賞(笠松)、黒潮菊花賞(高知)でボーナスは300万となっている。

これらのステップレースはもちろん3歳馬のレースだ。なお西日本ダービーは昨年に第1回が園田で行われたレースであり、西日本の各競馬場の回り持ちで行われるレースで、今年は佐賀が舞台となる。

この新シリーズはダービーグランプリに各地方の強豪を集めレースに人気を呼んで全国で馬券を売ろうというものだ。ジャパンダートダービーの地方馬版といえるだろうか。

ダービーグランプリは1986年に水沢で地方交流レースとして創設された。1着賞金は2000万で、1990年に3000万、1992年には5000万と上昇し当時の岩手県競馬の勢いが分かろうというものである。

1996年には完成した新盛岡競馬場に移り、中央交流レースとなってイシノサンデーが優勝した。1着賞金は6000万。

そして1997年からはダートグレードG1と地方を代表する主要レースとなったのである。

ところがその後岩手県競馬は不況となり、2007年にダートグレードの格を手放す羽目になってしまった。1着賞金も600万と急降下、さらに翌年には廃止されてしまったのである。

しかし2010年に水沢で800万のレースとして復活。地方交流レースとして主要レースの位置は保っていたのである。

今年のシリーズ化でダービーグランプリの人気を取り戻すことができるだろうか。

ところで競馬ではシリーズ化して有力馬を集めレースの人気を集めようという企画がある。しかしこのようなシリーズ化がうまく機能しているかは疑問である。

高松宮記念とスプリンターズステークスがグローバルスプリントチャレンジに入っていることなど知らないファンのほうが多いのではないか。

世界各国のレースをシリーズ化しようというのは初めから困難と思われる。

JRAのサマースプリント、サマーマイル、サマー2000の各シリーズにしても初めからそれを目標にしているようには思えない。

一つ勝ったからもう一つ狙ってみようというのが精々の所ではないだろうか。

サマーマイルのために中京記念が2000から1600になってしまったのはどうかと思う。

地方競馬のグランダムジャパンはある程度うまくいっているようだが、これは賞金の低い地方の馬が狙ってくるためだろう。


◆沢田準【競馬を楽しく】
http://bit.ly/1BFqU5c

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

今週こそは全部当てる◆青木義明の競馬一直線



前橋育英と明徳義塾の試合は3-1で前橋が逃げ切り、3回戦進出を決めた。群馬県人としては嬉しいことで、今週は何かいいことが起こりそうな気がする。

先週はとにかく最悪で、複勝をシコタマ買った配合馬のニシノアモーレも4着惜敗だったし、その他もちょっと焦点がぼやけた予想となってしまった。高校球児のハツラツとしたプレーに元気をもらうことにしよう。公開予想を含めて6戦6勝を目指す。



ニシノアモーレ6代血統表&9代クロス解析表
http://keibatsushin.blog.jp/archives/17871778.html



ニシノベースマン6代血統表&9代クロス解析表
http://keibatsushin.blog.jp/archives/17722747.html



◆青木義明の競馬一直線
http://bit.ly/2i9b3sz

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

前橋育英13年初V再現へ前進、明徳義塾粘り届かず


2017年08月16日 12時31分 日刊スポーツ


<全国高校野球選手権:前橋育英3-1明徳義塾>◇16日◇2回戦

 前橋育英は初出場で優勝した13年以来の3回戦進出。荒井監督の53歳の誕生日に勝利を贈った。

 前橋育英は1回戦、3本塁打で山梨学院戦を撃破。明徳義塾は延長12回、日大山形を振り切り、2回戦に駒を進めた。

 前橋育英・皆川、明徳義塾・市川の両先発が落ち着いた立ち上がり。3回裏に試合が動く。

 前橋育英の先頭1番丸山が右前打で出塁する。1回戦4盗塁の丸山はここでこの試合、早くも2つ目の盗塁。次打者の一ゴロで三進すると、3番戸部の中前打で先制のホームを踏んだ。

 明徳義塾は4回に4番谷合の二塁打などで2死二、三塁も、後続を断たれる。前橋育英の先発・皆川は最速149キロの速球をマークするなど連打を許さない。

 次の点は前橋育英に入った。7回1死二塁で2番堀口が左中間にタイムリー二塁打。先制打の戸部も左前適時打で続く。この回2点を加え、3-0とした。

 粘る明徳義塾は9回2死から連打で1点を返したが届かなかった。

 明徳義塾・馬淵監督の甲子園通算50勝はならなかった。

軍事衝突「差し迫っていない」=北朝鮮情勢で米CIA長官



http://news.nifty.com


2017年08月14日 15時04分 時事通信


米中央情報局(CIA)のポンペオ長官=10日、ニュージャージー州(AFP=時事)
 【ワシントン時事】米中央情報局(CIA)のポンペオ長官は13日、米FOXニュースのインタビューで、北朝鮮情勢に関し「差し迫ってはいない」と表明した。北朝鮮が米領グアム島周辺に向けた弾道ミサイル発射計画を公表した中でも、軍事衝突が不可避な段階に至っているわけではないとの見解を示した。

 ポンペオ氏はインタビューで、北朝鮮は既に2回の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射に踏み切っていると指摘。「さらにミサイル実験を行ったとしても驚かない」と述べ、追加発射は織り込み済みだと強調した。

 また、北朝鮮が米本土に到達可能な核ミサイル開発を「警戒すべきペースで進めている」と深刻な懸念を示しつつ、「核戦争の瀬戸際にいるかのように話す人もいるが、われわれがそうした場所にいることを示す情報はない」とも語った。

 グアム周辺へのミサイル発射計画公表を受け、トランプ大統領は「米領や同盟国に対して何かすれば(北朝鮮の指導者は)心から後悔することになる」と警告するなど、軍事的手段による反撃も辞さない姿勢を示してきた。ポンペオ氏も「(北朝鮮の)指導者が(トランプ氏の言葉を)正確に理解するよう望む」と述べた。

先週は6連敗、青木配合馬ニシノアモーレは次走狙い撃ち◆青木義明の競馬一直線



先週は公開予想と有料とも冴えを欠き6戦0勝に終わった。皆様には深くお詫びします。今週は巻き返します。


ところで、土曜日の新潟10R(1000万下、芝1800)に出走した配合馬のニシノアモーレ(牝3歳、5戦2勝)は6番人気で4着。馬体重は14キロ増加の428キロ。着差は勝ち馬から3馬身ほどだが、騎乗した大野騎手は「今日はゲートを出て流れに乗れるレースができました。こういう競馬ができれば幅が広がるし、今後が楽しみです」(週刊競馬ブック)とコメントしている。

小生も下記の解説の中にその可能性を明記しておいた。好位から抜け出せればもっと強くなる。




・今まで末脚が斬れるが、
・9代クロスの出現パターンは決して一瞬型ではない
・ただ、やや緻密なクロスなので斬れ勝負の平坦ベストとなったか
・馬体もまだ小ぶりだし、パワーアップできればオープンも可能
・流れ次第では、好位からの競馬も可能では??
・半弟はノヴェリスト産駒のニシノベースマン(2015)



ニシノアモーレ6代血統表&9代クロス解析表
http://keibatsushin.blog.jp/archives/17871778.html



ニシノベースマン6代血統表&9代クロス解析表
http://keibatsushin.blog.jp/archives/17722747.html




◆青木義明の競馬一直線
http://bit.ly/2i9b3sz

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp




紆余曲折を経ての連載再開となります。これからは不定期ではなく月イチ連載として再出発しますので、どうぞお付き合いください。

かつて「モデルの仔は女優でしょう。」と言って、愛馬に名をつけた馬主がいた。母が「モデル」スポート(…と言えばオールドファンはピンと来る)、父はノーザンテーストでその娘がダイナ「アクトレス」。岡部騎手を背にジャパンCでルグロリューの3着に好走したのが競走馬としてのキャリアハイ、母としてステージチャンプとプライムステージ(ともに重賞2勝)、祖母としてスクリーンヒーロー(ジャパンC)・マルカラスカル(中山大障害・中山グランドジャンプ)・アブソリュート(重賞2勝)を産んだ名繁殖になった。

時を経て今日、JRAが終わってからも楽しめる大井競馬の9レース1枠1番に入った馬が本稿の主人公「パツキン」。栗毛の馬体に、名にし負う金髪のタテガミが美しい6歳の牝馬。道営デビューで通算60戦3勝、堅実な追い込みを武器にキャリアを重ねてきた。母リプルマークも大井で走って3勝を挙げたが、最下級条件のC3クラスの馬だった。牝系は曽祖母の4代孫にローレルゲレイロ(高松宮記念・スプリンターズS)が輩出したが、近親と呼べる範囲にはブラックタイプは見当たらない。

それでもその血を繋いでいるのは馬主の愛情あってこそで、母リプルマークも所有していたその彼とは数年前に知己を得た。笠松競馬場で騎手見習いをしていたという経歴の持ち主で、現在は競馬関連メディアの仕事をしているのだそう。1歳下の半妹はデルモ、「金髪の妹はモデル」ということで所有していたが現在は乗馬になっている。

国際G1で活躍する馬から、地方競馬のC級を走る馬までオーナーシップは馬主の数だけある。しかしそれらを基礎付けるのは競走馬への愛情で、その愛情が馬名となって血統表に連綿と受け継がれている。「デルモの仔には会えないけれど、パツキンの仔にはいつか会えるかもしれない。」そんな想いを胸に今日も競馬場へと向かおう。


◆竹内康光【馬よ草原に向かって嘶け】
http://bit.ly/17MDXV7

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

08.13/無料公開予想/有料情報◆青木義明の競馬一直線


★無料公開予想★
新潟08R/3歳以上500万下(14:00)

3連複・ボックス
01.02.05.11.15.17
20点×3000円



★有料情報★
札幌11R/エルムS/3連複20点
新潟11R/関屋記念/馬単20点
(2000pt)


情報は、ログインMENUの「特設ステージ」内にアップしてあります。よろしければご購入ください。
(↓ログイン↓)
http://ktsn.jp/reader/login

※ご購入後に情報メールが配信されます。仮に配信が遅れた場合は、ログインMENUの「ご購入履歴」を閲覧してください(タイムラグなし)。


◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2i9b3sz

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

PAC3も配備 米朝緊迫で国民の不安煽る安倍政権の罪深さ



http://news.nifty.com



2017年08月12日 15時06分 日刊ゲンダイDIGITAL



 金正恩が「米国が軍事的冒険と超強度の制裁策動にしがみつくならば、我々は断固とした正義の行動で応える」と吠えれば、トランプ大統領は「グアムに何かすれば、北朝鮮で見たこともない出来事が起きるだろう」と挑発で応じる。

 北朝鮮がグアム島周辺に、弾道ミサイル4発を発射することを検討していると発表。米国と北朝鮮の“口撃”合戦は日に日にエスカレートしている。

 北朝鮮の発表によれば、新型中距離弾道ミサイル「火星12」を島根、広島、高知の上空を通過させ、グアム沖30~40キロの海上に4発同時に撃ち込むという。

 これに乗じるかのように危機を煽っているのが日本政府だ。

 10日に開かれた衆院安全保障委の閉会中審査で、小野寺防衛相が「存立危機事態」に言及。グアムが攻撃された場合、日本の集団的自衛権行使を示唆した。

 さらには、日本上空を通過する弾道ミサイルがコースを外れて落下した場合に備えるとして、12日から島根、広島、愛媛、高知の4県で、陸上自衛隊の駐屯地にPAC3を配備することも決めた。

「いま北朝鮮が開発を進めているのは米国本土に向けての攻撃能力であり、日本に対する脅威はここ数年で何も変わっていません。中国四国地方へのPAC3配備は、明らかに過剰反応です。そもそも、ミサイルがコースを外れて日本に落下した場合は軌道測定ができないため迎撃は不可能。日本政府は意図的に国民の不安を煽っているとしか思えません」(元外務省国際情報局長の孫崎享氏)

■「主戦場は日本」と米上院議員が示唆

 有事になれば政権への求心力が高まり、一気に内閣支持率も上昇する。例によって「苦しい時の北頼み」なのだろうが、そんなさもしい思惑で危機を煽っている場合なのか。いざドンパチが始まれば、主戦場になるのは日本かもしれないのだ。

 米政治専門紙の「ザ・ヒル」は、「普段は堅実なリンゼー・グラム上院議員と一部のホワイトハウスの高官たちが、北朝鮮に予防戦争を仕掛けることを話し合い始めた」と報じた。

「予防戦争」とは、先制攻撃より前の段階で、脅威を未然に除去するための攻撃のことだ。マクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)は「予防戦争もオプションのひとつ」と明言。

 トランプ大統領も11日、ツイッターに北朝鮮に対する軍事的な選択肢の「準備が整った」と投稿した。

 グラム上院議員はメディアに対し、「戦争が起きるのならば、アメリカ西海岸で起きるより北東アジアで行われる方がマシだ」と話したという。米本土に脅威が迫る前に、北東アジアの局地戦争で決着をつけたい。そのためには、韓国や日本が犠牲になっても致し方ないという意味だ。

「米朝が戦闘状態になれば、在日米軍基地がある日本は間違いなく標的になる。そういう危険をいたずらに煽る日本政府は、本当に国を守る気があるのでしょうか。本来なら、米朝開戦を回避するための外交努力をすべきなのに、ミサイル危機を悪用して国民の不安をかきたてる。同時に米国への従属を強め、莫大なカネを使ってミサイル迎撃システムを購入する。安倍政権がやっていることは犯罪的です」(孫崎享氏)

 韓国政府が米朝双方に対して緩和を働きかけているのとは対照的に、安倍首相は「さらなる行動を取っていかなければならないとの認識でトランプ大統領と完全に一致」とかイキリ立っているのだから、正気の沙汰ではない。「さらなる行動」って何なのか。支持率と対米従属のためには、国土や国民を危機にさらすこともいとわないというのなら、あまりに無責任だ。

 こういう政権が憲法解釈を変え、安保法を整備したことの意味をあらためて考える必要がある。安倍政権存続なら参戦は不可避だ。安倍政権か平和か――。この2択が今、国民に突きつけられている。



08.12/無料公開予想/有料情報◆青木義明の競馬一直線


★無料公開予想★
新潟09R/糸魚川特別(14:35)

馬単・フォーメーション
03.06.07.10
03.06.07.08.10.11
20点×3000円


★有料情報★
小倉10R/宮崎特別/3連複25点
札幌12R/知床特別/3連複20点
(2000pt)


情報は、ログインMENUの「特設ステージ」内にアップしてあります。よろしければご購入ください。
(↓ログイン↓)
http://ktsn.jp/reader/login

※ご購入後に情報メールが配信されます。仮に配信が遅れた場合は、ログインMENUの「ご購入履歴」を閲覧してください(タイムラグなし)。


◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2i9b3sz

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

青木配合馬ニシノアモーレに注目◆青木義明の競馬一直線


土曜日の新潟10R(1000万下、芝1800)に配合馬のニシノアモーレ(牝3歳、5戦2勝)が出走する(4枠04番)ので楽しみ。

3ヶ月の休み明けで、どれだけ馬体が成長したか、まずはここを確認したい。新聞の人気はあまりなさそうだが、もともと地味なタイプで勝った時も人気薄だった。明日も単複を少し買う。ちなみに、先週のダリア賞3着のニシノベースマンの半姉でもある。

その半弟はドイツ血脈を取り込んだ異系配合馬だが、9代のクロスは姉の方が標準に近い。むしろ、クロスが緻密型に近いのでパワーより切れ味のタイプとなった。オーナーの西山さんからコンデュイットに合う牝馬を探して欲しいとのリクエストがあり、母のニシノマナムスメを指名した配合的経緯がある。



ニシノアモーレ6代血統表&9代クロス解析表
http://keibatsushin.blog.jp/archives/17871778.html



ニシノベースマン6代血統表&9代クロス解析表
http://keibatsushin.blog.jp/archives/17722747.html




◆青木義明の競馬一直線
http://bit.ly/2i9b3sz

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

防衛省、オスプレイの飛行再開容認=自粛要請から一転



http://news.nifty.com



2017年08月11日 07時04分 時事通信



 防衛省は11日、国内での飛行自粛を求めていた輸送機オスプレイについて、飛行を認める方針を発表した。「(米側により)合理的な措置が取られ、安全な飛行は可能との説明は理解できる」と判断した。日米両国は、28日まで北海道で実施される日米共同訓練へのオスプレイ参加を調整している。

 オーストラリアで5日に起きた墜落事故を受け、小野寺五典防衛相は6日、オスプレイの飛行自粛を米側へ要請。10日から始まった共同訓練においても自粛を求める考えを示し、参加が見送られていた。

 同省は、事故が陸上ではなく、より複雑な艦船への着艦時に発生したことや、米軍の初期調査で安全と結論付けられたことなどを根拠に、「安全に最大限の配慮をした飛行を求めることが妥当」との判断を下したという。

 同省によると、豪州での墜落事故では着艦中に艦船のデッキへ衝突し、乗員26人中3人が死亡した。米軍は、構造やシステム上の欠陥はないとの認識などから安全と説明したという。 

明日の大井競馬の勝負は取り止めます◆青木義明の競馬一直線



当初の予定だった明日の大井競馬の勝負は取り止めます。メンバーを見渡して確実に当てる自信がないからです。ご了承ください。

そのぶん、土日の中央競馬に集中します。レパードSのような大波乱にも的確に対処したいと思います。



ニシノベースマン6代血統表&9代クロス解析表
http://keibatsushin.blog.jp/archives/17722747.html



・本当に強いのか??
エピカリスの6代血統表&9代クロス解析表と配合評価(→マイラータイプだ)
http://keibatsushin.blog.jp/archives/16224310.html




◆青木義明の競馬一直線
http://bit.ly/2i9b3sz

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp


長崎原爆の日:「あなたはどこの国の総理ですか」



http://news.nifty.com



2017年08月09日 22時00分 毎日新聞



 長崎への原爆投下から72年の「原爆の日」を迎えた9日、長崎市の平和公園で平和祈念式典が開かれた。平和祈念式典後に長崎市内で安倍晋三首相と面談した被爆者団体代表は、核兵器禁止条約に日本政府が批准しない方針を示していることに強く憤った。

 「あなたはどこの国の総理ですか」。長崎県平和運動センター被爆者連絡協議会議長を務める川野浩一さん(77)は被爆者団体からの要望書を安倍首相に手渡した際に迫った。「ヒバクシャの願いがようやく実り、核兵器禁止条約ができた。私たちは心から喜んでいます。私たちをあなたは見捨てるのですか」

 面談は式典後に首相らが被爆者団体から援護策などの要望を聞く場として設けられている。通常は冒頭で静かに要望書を手渡すが、川野さんは「子や孫に悲惨な体験をさせてはならないというナガサキの72年間の訴えが裏切られたという思いがあった」と異例の行動に出た理由を話す。川野さんは安倍首相に「今こそ日本が世界の先頭に立つべきだ」とも訴えたが、明確な返答はなかった。

 式典に参列した被爆者も、あいさつで条約に言及しない首相への失望を口にした。8歳の時に爆心地から約2・8キロで被爆した嶺川洸(たけし)さん(80)は「核兵器禁止条約が採択され、今が一番大事な時だ。わざわざ東京から来てあいさつするのに、なぜ被爆者に寄り添った言葉を語らないのか」と語った。【樋口岳大、加藤小夜】

甲子園V経験の監督対決は3本塁打で前橋育英に軍配





2017年08月09日 15時56分 日刊スポーツ




<全国高校野球選手権:前橋育英12-5山梨学院>◇9日◇1回戦



 甲子園優勝経験のある監督対決は前橋育英に軍配が上がった。



 両校ともに2年連続の夏甲子園。前橋育英の荒井直樹監督は13年夏、山梨学院の吉田洸二監督は09年選抜大会(長崎・清峰監督)で甲子園優勝経験がある。




 前橋育英が初回に先制した。1番丸山が死球で出塁すると、送りバントに盗塁で1死三塁。四球で一、三塁とすると4番飯島が三遊間を破り、1点を奪った。




 前橋育英は3回にも丸山の右前打を足場に犠打、盗塁で攻撃のリズムを作る。2死三塁で飯島が適時打。続く皆川、吉沢が連続適時二塁打。さらに7番小池が左翼席へ2ランと一気に5点を加えた。




 山梨学院は4回の攻撃でようやく快音が響く。3四球でつかんだ2死満塁。1番五十嵐の、この日チーム2安打目は中越え三塁打となり、3点を返した。




 前橋育英は8番飯塚、飯島にも本塁打が飛び出すなど終盤も攻撃の手を緩めず2ケタ得点。昨夏、初戦敗退の雪辱を果たした。

11日(山の日)に大井競馬を提供する予定◆青木義明の競馬一直線



夏の甲子園が始まりました。小さい時から欠かさず見ています。作新学院の江川卓投手が負けたときは不運でした。フラフラと上がったショートとレフトの間に落ちたポテンヒットでサヨナラ負け。ツーアウトなのでランナーはホームを目指しましたがワンナウトなら2塁に釘づけの場面でした。

今年も予期せぬドラマが楽しみです。群馬県人としては「前橋育英」をまずは応援。



・11日(金)は祝日ですので大井競馬の情報を提供する予定です。(2レース、2000円)

・先週のダリア賞(新潟・芝1400)を2番人気で3着に敗れたニシノベースマンの次走は9月24日(日)の中山・芝2000の芙蓉Sの予定。あまり伸びのない体型の一方、パワフルな筋肉なで坂のある小回りコース向き。ハイペースを追い込めば勝機も十分のはず。騎乗した戸崎騎手も「もう少し長い距離向き」とコメント。配合的にも平坦の切れ味は希薄。


ニシノベースマン6代血統表&9代クロス解析表
http://keibatsushin.blog.jp/archives/17722747.html



・本当に強いのか??
エピカリスの6代血統表&9代クロス解析表と配合評価(→マイラータイプだ)
http://keibatsushin.blog.jp/archives/16224310.html




◆青木義明の競馬一直線
http://bit.ly/2i9b3sz

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

夏の甲子園が始まった。
いま、開会式。
小生の出身は群馬県なので「前橋育英」をまずは応援。
3年前は高橋光成投手で優勝したが、今年はどこまで行けるか。

競馬は奥が深い◆青木義明の競馬一直線



先週の馬券情報は公開予想が2戦2勝、有料情報が4戦1勝だった。何といっても特筆すべきは1番人気エピカリスが3着に敗れたレパードSだ。

この馬はベルモントSに遠征するときに書いたように配合的にさほど高く評価していないので、ダート1800は長くて勝てない、負ける可能性が大きい、という想定の下に馬単5頭ボックスで勝負した。

しかし、11番人気ローズプリンスダムが勝って12番人気サルサディオーネが2着で馬連は953.2倍、馬単は2518.4倍の大波乱。エピカリスが辛うじて直線インから3着に追い込んだので3連単は80万馬券で済んだが、クビ差4着の13番人気馬が突っ込んでいたら強烈な馬券になっていた。

さて、エピカリスは負けるべくして負けたと思っていた。しかし、「週刊競馬ブック」誌の記者評は「最初から控える感じで好位の中。収支手応えはよかったが、ずっと囲まれて動くに動けない形。直線も包まれて、正味、追えたのは残り100メートルくらい。完全に脚を余してしまった」と書いてある。

たぶん負けると思って別な狙い馬たちを目で追っていたのでわからなかったが、このコメントを読む限りまともなら勝っていたことになる。

改めてレースは生き物であり、競馬の奥深さを知らされた。そんな中で馬券を当て続けるのは大変な難作業と言える。プロ馬券師にはレース選び、馬券の選択、そして組み立て方に実力が反映される。配合分析をベースに、もっと真剣に鋭く「レース」に対峙しなければならない。



エピカリスの6代血統表&9代クロス解析表と配合評価(→マイラータイプだ)
http://keibatsushin.blog.jp/archives/16224310.html


レパードSの勝ち馬ローズプリンスダム5代血統表
http://livedoor.blogimg.jp/keibatsushin/imgs/6/9/69a8fe3d.png


小倉記念の勝ち馬タツゴウゲキ5代血統表
http://livedoor.blogimg.jp/keibatsushin/imgs/1/0/10753af4.png



◆青木義明の競馬一直線
http://bit.ly/2i9b3sz

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

日本郵政、民営化失敗の可能性…深刻な業績不振、国の株売却計画が頓挫



http://news.nifty.com



2017年08月07日 06時09分 ビジネスジャーナル



 日本郵政の長門正貢社長は7月25日の定例記者会見で、財務省が日本郵政株の追加売却を見送ったのは株価低迷が理由とする報道に触れ、「株価を理由に(追加売却を)見送りという議論は本当か、いずれゆっくり検証したい」と述べた。この1年間の日本郵政の株価について、「金融全体の中で、目立って悪いわけではない」と強調した。

 2015年11月の日本郵政グループ3社の上場は、久々の超大型IPO(株式新規公開)ということで大いに盛り上がった。しかし、その後の株価は、期待したような展開を見せなかった。

 上場初日の11月4日に1631円の値がついた後、同年12月7日に1999円と、大台に迫る勢いだった。だが、年明けから急落。日本銀行が導入したマイナス金利政策の影響もあり、16年6月24日には1170円と、1200円を割る場面もあった。

 政府は日本郵政株の約8割を保有している。郵政民営化法によって、段階的に売却して3割強まで持ち株比率を下げると定められている。15年11月のIPO時に、政府は保有株の2割を売り出し、1兆4000億円の資金を得た。追加売却で22年度までに4兆円を確保し、東日本大震災の復興財源に当てる計画だ。

 財務省は今年3月、第2次売却に向けて主幹事証券会社を選定し、7月にも追加売却に踏み切るとの観測が出ていた。だが、上場直後に2000円に迫った日本郵政の株価は、7月31日の終値で1391円と低迷。上場時の売り出し価格である1400円をも下回った。第2次売却の価格は、市場価格から数%程度低く設定する決まりなので、このままだと初回の売り出し価格を下回る可能性が高い。より高い価格で売りたい財務省は、7月の追加売却を見送った。

●株価低迷で追加売却を先送り

 株価低迷の原因は、日本郵政の業績不振にある。日本郵政傘下の日本郵便が15年にオーストラリアの物流会社、トール・ホールディングスを買収したが4003億円の損失を計上した。その影響で日本郵政は17年3月期に289億円の最終赤字となり、民営化後、初の赤字に転落した。

 業績回復を狙って大手不動産会社、野村不動産ホールディングスの買収を仕掛けたが、価格面で折り合えず買収計画は白紙に戻った。

 日本郵政は、電子メールの普及などで郵便事業が大苦戦している。国債の運用で稼いできた子会社のゆうちょ銀行とかんぽ生命保険も、超低金利の長期化で業績の先行きは不透明だ。成長の柱にするはずだったM&A(合併・買収)戦略が頓挫してしまい、株価を浮揚させるような明るい材料は見当たらない。

 市場関係者は、日本郵政の成長を疑問視している。そのため株価は一向に浮上しないのだ。7月の追加売却を見送ったため、次は9月から10月末にかけての売却を模索しているといわれている。

 先に延ばせば延ばすほど、追加売却のタイミングが難しくなる。秋に売り出しができなければ、越年する可能性があるとの声も大きくなっている。
(文=編集部)



過去にも類似ケース 加計獣医学部新設「不認可」に現実味



http://news.nifty.com



2017年08月06日 09時26分 日刊ゲンダイDIGITAL



「認可」を勝ち取るのは至難のワザかもしれない――。文科省の大学設置・学校法人審議会が8月末に結論を出すとされる加計学園の獣医学部新設の認可問題。加計学園は“新しい獣医学部”を前面に打ち出しているが、実は過去に、「他大学にはない新分野」を掲げて学部新設を申請し、「不認可」になったケースがあるのだ。

 2013年度の開設を目指していた「統合医療大学院大学」は、12年6月、大学設置審から「不認可」を突き付けられた。NGの理由は、大学側が示した他大学にはない「統合医療学」の定義が不明確で、体系的に学生に教授したり、修士号を授与することができないからだという。加えて、カリキュラムも<単なる伝統医療、補完代替医療の解説にとどまっている授業科目が多く見受けられる>とダメ出しされている。

 一方の加計学園。今年1月10日に提出した国家戦略特区構成員応募申請で、こう猛アピールしている。

<これまでの大学と異なる新しい(第三極)獣医学教育拠点を目指します>

<他大学にはない新規の企画です>

 従来の獣医学部では特区の対象にならないから、こう書くのは当然なのだが、大阪産業大客員教授の八幡義雄氏(教育学)はこう言う。

「他大学にない新規分野で、体系的な教育課程を編成するのはとても難しい。先生だって、教えたことがないことを教えるわけだし、そもそも学問として成り立つのか。かといって、従前と変わらない獣医学部では何のための新設かということになります」

 特区申請ではウリだった“新規性”が、逆に設置審の審査では“ネック”になってしまうというのだ。

 加計学園は学生募集パンフレットに<合格後、ワンランク上の大学にチャレンジ可能>と、自らを“下”だと認めている。それでいて、他大学にない“優位性”をはたして設置審に示せるのか。

 設置審への申請内容は今は非開示。「新規性を強調した特区の申請とは内容を変えている可能性がある」(文科省関係者)という。どんな申請がなされ、どういう議論が行われたのか。文科省の大学設置室によると、審議会のメンバー、議事内容などは来年3月に公開される。もし「不認可」なら8月末の答申と同時に理由が示される。

08.06/無料公開予想/有料情報◆青木義明の競馬一直線


★無料公開予想★
新潟09R/月岡温泉特別(14:35)

3連複・ボックス
01.02.03.06.08.10
20点×3000円


★有料情報★
小倉10R/天草特別/3連単60点
新潟11R/レパードS/馬単20点
(2000pt)


情報は、ログインMENUの「特設ステージ」内にアップしてあります。よろしければご購入ください。
(↓ログイン↓)
http://ktsn.jp/reader/login

※ご購入後に情報メールが配信されます。仮に配信が遅れた場合は、ログインMENUの「ご購入履歴」を閲覧してください(タイムラグなし)。


◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2i9b3sz

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp


【ダリア賞レース後コメント】タイセイプライド M.デムーロ騎手ら



http://www.netkeiba.com/



新潟9Rのダリア賞(2歳オープン・芝1400m)は1番人気タイセイプライド(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒4(良)。1馬身3/4差の2着に5番人気シャインカメリア、さらに半馬身差の3着に2番人気ニシノベースマンが入った。

タイセイプライドは栗東・西村真幸厩舎の2歳牡馬で、父ヨハネスブルグ、母キャニオンリリー(母の父エルハーブ)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 タイセイプライド(M.デムーロ騎手)
「能力は本当にありますが、まだ馬が緩いです。イライラしていたので、スタートは遅かったのですが、二の脚がすごく速かったですし、競馬ではまじめな馬です。1200mでも1600mでも大丈夫です」

2着 シャインカメリア(吉田豊騎手)
「出して行った分、ゲートを出た後ハミを噛みましたが、1頭になって抜けましたから、これなら踏ん張れると思いました。4コーナーで後続に一気に来られたのは厳しかったですが、逃げ馬ですからそれは仕方がないですね」

3着 ニシノベースマン(戸崎圭太騎手)
「距離は長い方がいいと思います。対応はしてくれましたが、終いが甘くなってしまいました」

4着 フィルハーモニー(柴田大知騎手)
「ペースが上がったところで忙しくなってしまいましたが、まだまだこれから良くなる馬です。頑張っていると思います」

提供:ラジオNIKKEI

08.05/無料公開予想/有料情報◆青木義明の競馬一直線


★無料公開予想★
小倉09R/都井岬特別(14:25)

馬連・ボックス
01.03.09.11.13.14
15点×4000円


★有料情報★
小倉10R/指宿特別/3連単75点
新潟11R/越後S/馬単20点
(2000pt)


情報は、ログインMENUの「特設ステージ」内にアップしてあります。よろしければご購入ください。
(↓ログイン↓)
http://ktsn.jp/reader/login

※ご購入後に情報メールが配信されます。仮に配信が遅れた場合は、ログインMENUの「ご購入履歴」を閲覧してください(タイムラグなし)。


◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2i9b3sz

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

DMMバヌーシー」固定観念をぶち壊す! 新しい競馬の楽しみ方への挑戦



http://www.netkeiba.com/
.


 1日に記者発表会が行われ、ついにベールを脱いだクラブ法人「DMMバヌーシー」。1万円から出資できるなどサービス内容の全貌も明らかになり、8月5日20時から専用アプリなどで、いよいよ募集をスタートする。ネット証券大手の「DMM.com証券」がなぜ競馬業界に参入したのか、「DMMバヌーシー」が目指す方向性など、仕掛け人であるDMM.comとDMMドリームクラブ社で取締役を務める野本巧氏に聞いた。

――1万円から良血馬が購入できるのは画期的ですね。

野本 本来はもっと価格を抑えたかったんですが、現状では1万円にせざるをえませんでした。来年以降はいろいろと改善できることがありますので、私が考えている価格に近づけることが可能なのではないかと考えています。最初の購入金額に馬の代金、育成費用、販売手数料、管理手数料、サービス運営に関わる費用を合わせた価格で購入していただきますので、それ以降の費用は一切かかりません。気軽に馬主感覚を味わえる、感動を共有できるというのが最大のウリです。ですので、既存の一口馬主ユーザーを対象にしているわけではなく、これから競馬を始める人、競馬を知らない人がメインターゲットです。もちろん、私たちのコンセプトを理解していただければ、コアな競馬ファンの方々にも参加していただきたいですね。

――クラブとしての成功の指標をどこに置いているのでしょうか?

野本 ダービーなどのビッグレースを勝つということもひとつの目標ですが、一番重要なのは、多くの人に感動していただきたいということです。馬主の方々は金銭の損得ではなく、ロマンや夢を求めているからこそ続けているのだと思います。それだけ競馬に魅力があるわけで、そうでなければダービー当日に12万人以上の人が競馬場に訪れないですし、テレビなどで500万人以上の人が観ないですよね。競馬ファンだけでなく、競馬に興味がない方にも気軽に馬主の気分を味わえて、こんなに素晴らしく、アツくなれる競技があるんだと知ってもらいたいんです。

――1万口を満口にするのは難しいのではないかという声もあります。

野本 そこはもう受け入れていただけるかどうかの話ですので。ただ、私としては目一杯のことをしてきましたので悔いはありません。結果を待つだけです。

――「感動体験を共有できる」がコンセプトですが、それを実現するために具体的に考えていらっしゃることはあるのですか?

野本 当歳を買っていただいて、その成長過程を動画で見ていただくのがいいかなと思っています。アーティストのライブにしても、ファンになってから、あるいは歌を聴いて好きになってからの時間があるからこそ、より感動できるわけですから。

――スゴい試みですよね。牧場から週4回の近況を動画で配信するのは並大抵のことではないと思うのですが。

野本 実際、それが一番苦労しています。何よりも牧場の方々に負担をかけてしまうのが一番申し訳ないですね。ただ、動画で近況をお届けできないと、我々の当初からの目的である「感動体験を共有できる」を実現できませんので、撮影は私が最も信頼している制作会社にお願いしています。対象者と信頼関係がないと当然、密着取材はできません。その点に関しては『情熱大陸』などを制作している会社ですので安心して任せられます。おかげさまで、牧場の方々には賛同していただいていますし、クレームがきたこともありません。撮影スタッフとの関係も良好ですよ。

――当歳からずっと週4回で動画を観ることができるわけですか?

野本 当歳は問題ないのですが、お母さんのほうに問題がありまして。離乳するまではお母さんとずっと一緒にいるわけですが、そのお母さんは毎年出産があります。その出産の2カ月前あたりから防疫の関係上、撮影するのが難しい期間があるんです。牧場の方々に無理強いするわけにもいきませんので、募集馬の中には撮影ができない期間がある場合はあります。

――1歳になって育成に入ってからも、この頻度で更新するわけですか?

野本 そうですね。育成やトレセンに入厩してからも3~4回は更新したいと考えています。ちなみに現在はスタッフ1人に対して2頭担当、隔週で撮影に行ってもらっています。それを分割して配信するかたちになるので、時系列でいえば2週間ごとの近況になりますね。動画のほかにも、コメント機能付きのレースビュアー(グリーンチャンネルWebの会員登録が必要)がありますので、レースの時はみんなで盛り上がれますよ。

――最後に「DMMバヌーシー」として、競馬に対する思いを教えてください。

野本 我々のスタンスはいつでも「挑戦」です。これまでの競馬の楽しみ方とはまた違った、我々が提案する新しい楽しみ方で、もっと多くの人に競馬の魅力を知っていただきたい。競馬人口が増えることは「馬、ホースマン、ファン」にとってもプラスのはずです。そのために、固定観念をぶち壊したいと思っています。

 「DMMバヌーシー」のご厚意により、募集馬1頭の命名権をいただきました! 当サイトで公募する予定ですので、詳細は命名できる募集馬などが決まった時点で告知いたします。

(文・写真:大薮喬介)


青木配合馬ニシノベースマンに注目◆青木義明の競馬一直線


明日の新潟競馬09R・ダリア賞(芝1400、9頭立て)に青木配合馬のニシノベースマン(牡2歳、母ニシノマナムスメ、その父アグネスタキオン)が出走する。2戦目の前走で未勝利を勝ち上がって、このレースでもそこそこの印はついているが、はたしてどんなレースをしてくれるか注目。

ところで、父のノヴェリストは今年の2歳が初産駒で、すでに3頭が勝ち上がっている。重厚なドイツ血脈を豊富に蓄えているがニジンスキーやナイトシフト、そしてカロなども入って配合次第では一流馬が期待できる。

ニシノベースマンはニジンスキーのクロスこそないが、母系にロイヤルスキーが入る関係で両者の祖母でもある名牝フレアリングトップ Flaring Top(7×7)のクロスやトゥルビョンの継続クロスなどが配合的なミソと言える。

もちろん、9代クロス的に活力旺盛で、やや緻密型の母ニシノマナムスメにとってノヴェリストの父モンズン Monsun の異系血脈のクロスの注入は体質改善に、そして次の世代でのクロス血脈の転換にとって有効作用する。

ニシノベースマンはまだ気性が若いようだが、パドックを診てあまり入れ込んでいなければ単複を勝って応援したい。



ニシノベースマン6代血統表&9代クロス解析表
http://keibatsushin.blog.jp/archives/17722747.html



◆今週から戦術変更します


1.馬券は馬連だけに限らず、多様性をもたせてより多くの利益を目指します。
2.情報料を1000円から2000円に戻します。


以上、よろしければご利用ください。



[ご送金先]

三菱東京UFJ銀行
神保町支店
(普)0001604
株式会社競馬通信社


IDを付記し、登録名義でお送りください。



◆青木義明の競馬一直線
http://bit.ly/2i9b3sz

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp


サトノダイヤモンド栗東トレセンに帰厩

サトノダイヤモンド5代血統表




 凱旋門賞・仏G1(10月1日・シャンティイ)に参戦するサトノダイヤモンド(牡4歳、栗東・池江)が2日、栗東トレセンに帰厩した。

 池江師は「さらにパワーアップしていますね。宝塚記念を使うことを我慢して、さらに状態が良くなっています」と目を細めた。8月12日に輸出検疫に入り、18日に出発する予定となっている。

提供:デイリースポーツ

枝野、前原氏が激突へ=野党共闘・改憲争点-民進代表選



http://news.nifty.com



2017年08月02日 15時54分 時事通信



 民進党は2日の両院議員総会で、代表選の日程を21日告示、9月1日投開票と正式に決め、辞任を表明した蓮舫代表の後継選びをスタートさせた。党員・サポーター投票も実施する。保守系の推す前原誠司元外相(55)が出馬を表明。リベラル勢力が支持する枝野幸男元官房長官(53)との一騎打ちとなる公算が大きく、共産党との野党共闘や憲法改正への対応が争点となる。

 前原氏は2日、自身の議員グループ(約20人)の会合で「日本のために党を立て直す先頭に立ちたい」と述べた。枝野氏は既に立候補する考えを明らかにしている。

 両氏とも1993年の衆院選で旧日本新党から初当選し、旧新党さきがけを経て、96年の旧民主党結成に参加。民主党政権では要職を歴任したライバルだ。野党共闘について、枝野氏が前向きなのに対し、前原氏は慎重な立場。安倍晋三首相が憲法への自衛隊明記を提唱していることに関しては、枝野氏が明確に反対、前原氏は首相と同様の主張を過去にしている。

 税制でも論戦が交わされそうだ。前原氏は国民負担増によって社会保障を充実させる所得再分配を重視。枝野氏は当面の消費税増税には否定的だ。 

元祖剛腕・小沢一郎が小池百合子都知事へ新党「ラブレター」



http://news.nifty.com



2017年08月02日 13時00分 週刊実話



 「自民党の都政に対する(都民の思いが)うっ積している中、まあ、あの人もなかなかだから、チャンスをつかみ、知事選で圧勝し、今回もそうなった」
 7月17日、自由党の小沢一郎共同代表が自身の政治塾で講演。都議選で圧勝した都民ファーストの会を率いる「あの人」、小池百合子東京都知事の政治手法をベタ褒めした。
 「普段は人のことを褒めることが少ない小沢氏ですが、この時は小池氏が公明党とともに共闘を組み都議会過半数を制したことを高く評価した。かつて細川護煕政権、鳩山由紀夫政権と二度の政権党を作った小沢氏は、最後にもう一度、非自民政権を立てる野望を抱いている。それだけに都民ファーストの躍動ぶりには相当注目しており、次の総選挙では小池新党との連携も十分考えている節がある」(全国紙政治部記者)

 安倍政権は加計学園の獣医学部新設に絡む疑惑で支持率が危険水域に落ち込んでいるため、現時点では今秋とも囁かれた衆院解散総選挙は、やや遠のいた感がある。
 「しかし、安倍首相も支持率には非常に敏感になっており、一時的にでも回復すれば、追い込まれる前に解散総選挙に打って出る可能性もある。だが一度、ジリ貧になった政権がもう一度急浮上するチャンスは少ないことを小沢氏は経験上知っている。次の総選挙では、やり方次第で自民が政権を滑り落ちると見ているんです」(同)

 加えて小沢氏が注目するのは、自民党の4割を占める若手議員の質の悪さだ。特に「魔の2回生」と呼ばれる'12年の総選挙当選組は、秘書への暴行事件で自民党を離党した豊田真由子衆院議員を筆頭に、藤丸敏衆院議員、中川俊直衆院議員、宮崎謙介元衆院議員らの不祥事など、枚挙にいとまがない。
 「そもそも1、2回生はアベノミクスの風で当選してきただけに、選挙基盤が極めて弱く、政権支持率が仮に50%を超えていたとしても8割は落選危機状態とも言われている。支持率が低迷した今は、さらに多くの議員が当落線上に追い込まれている」(小沢氏周辺関係者)

 小沢氏としては願ってもない政権奪取を仕掛けるチャンスというわけだが、そこには大きな問題が立ちはだかる。
 「自民党に代わる“受け皿”が既成政党では脆弱すぎる。今の民進党では、民主党から看板だけ掛け替えただけで国民不審が大きく、受け皿にはなれないし、蓮舫代表でも大苦戦が続いている。だから、低空飛行の安倍政権が追い込まれ解散したとしても、今の民進党と小沢自由党、共産党などが非自民で連携し、イタリアで'96年から'00年に政権を担った中道左派連合の“オリーブの木”的なものを作ったところで、おぼつかないことこの上ない」(同)

 そんな中、国民の不満と野党政党への不信を一挙に穴埋めする存在こそが小池新党、というのが小沢氏の慧眼だ。
 「小沢氏は17日の講演会でこうも述べています。『新しい政党を作るのがベストだが、既存の政党が一つの傘のもとでやる“オリーブの木”しかない』。つまり、そこで都民ファーストを国政政党に衣替えしてオリーブ木の核になって欲しいということ。そうすれば、非自民は圧勝すると述べているのです。ただし、そこは非自民野党の結集に、小池氏が小沢氏との過去にこだわらずに乗るかどうか。最終的に双方の思惑が合致するかどうかです」(前出・政治部記者)

 小池氏はもともと、小沢氏が55年体制の利益誘導型の自民党政治との訣別を宣言した著作『日本改造計画』に感銘し、新進党時代などは小沢氏の側近として奔走した過去がある。
 「しかし、小池さんは外国人地方参政権を強硬するなど、政局の状態によってはマニフェストで示した政党の骨格部分でさえひっくり返してしまう小沢氏に不信感を抱き、袂を分かったといいます」(小池氏周辺関係者)

 ただ、これについて一方の小沢氏側近らは「“小沢党”が政局の亜流となったと見るや、小池氏はとっとと去っていった。そのやり口は機を見るに敏すぎる」と批判する。
 「小沢氏は、そんな小池氏のあからさまに立ち位置を変える過去の部分を、すべて水に流す考え。小池氏は都民ファーストで国民のハートを鷲掴みしつつある、その一点を評価して、ともに国政でやろうと“ラブコール”を送ったのが、あの講演会だった。対する小池氏がどんな反応を見せるか、小沢氏は様子を窺っている」(小沢氏周辺関係者)

 選挙アナリストはこう見立てを話す。
 「現時点の小池氏だけでは、政権奪取は厳しい。そこに小沢氏がバックにつき、野党連合で各選挙区で競合しないようにすれば、確かに非自民政権は短期的だが確実に成功する。安倍政権の支持率低下と若手自民議員の不祥事がそれに拍車をかける。そして、小池氏が首相候補の筆頭となれば、国民は日本版マクロン(仏)だと熱狂するでしょう」

 小沢氏は過去の感情を封じ込め、どこまで小池氏に最接近できるか。一方の小池氏は、元祖剛腕政治家を国政進出へ向けての必要なパーツと見るのか。
 いずれにせよ、群がる御仁をふるいにかける選択権は小池氏が握っている。


松岡茉優と清野菜名◆青木義明の競馬一直線



昨年の春、偶然に出会ったFMラジオ番組「アバロン」で松岡茉優のしゃべりのタッチや声の質に興味を持ち、次第に彼女への関心度が高まり、今年2月16日で22歳になった直後にラジオ卒業の発表で残念な思いをしていたところテレビ朝日の「やすらぎの郷」に出演するという記事を見て、それ以来、午後0時半が楽しみになって、もう3カ月近くになる。

しかし、バー・カサブランカのバーテン役ハッピーちゃんだけでは出番が少なく、彼女の「人物像」が十分つかめなかったところに日本テレビの「ウチの夫は仕事ができない」の主役出演を知り、そのチャーミングさや気持ちの素直さを確認しているところ。この番組には壇密も男っぽい役で出ていて、見逃した先週放送分は今日にでもネットでチェックしようと思う。

ところが、である。「やすらぎの郷」に石坂浩二扮する脚本家の元不倫相手「安西直美」の孫娘アザミ役で画面に現れた若い女優に興味が湧いてしまった。笑顔が素敵。その口元が清楚で、セクシーで、少し心をゆすぶられた。画面に流れたキャストの名前から「清野菜名」という女優だと知ったばかり。

そして、今朝のサンスポでその女優が黒柳徹子を取り上げた「トットちゃん」の主役を演じることを知り、そのキャリアを検索したら、いろいろなことが分かってきた。松岡茉優と同じ22歳でアクションが得意。生田斗真という俳優と恋愛中とか…。

いま、心の中で葛藤している。ファンとして松岡茉優と清野菜名のどっちを取るか、と。

だけど、やっぱ茉優ちゃんだよね。彼女の方が先だし。しばらく彼女の追っかけを貫徹の予定。若い時から気が多いのは性分で、いろいろな恋愛をやったし、熱しやすくて冷めやすいのも群馬県人の典型のような小生だけど、迷うのは競馬の予想だけでいい。

おっと、ファド歌手の松田美緒さんはもう7年くらいのファン貫徹だよ。何度もライブを見てるし、楽屋にも入るし、東京競馬場にも出掛けたりして、松岡茉優ちゃんのような「虚像」ではなく「実像」だ。彼女は世界的な大歌手への道を着々と歩んでいて嬉しい限り。年齢も壇密と同じで、美緒さんも秋田の出身。いまは京都を拠点に全国展開している。今日にでも「暑中見舞い」のメールを入れておこうか。



◆青木義明の競馬一直線
http://bit.ly/2i9b3sz

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

↑このページのトップヘ