日本馬の強さ◆沢田準の競馬を楽しく

2週続けて無敗の二冠馬が出現した。無敗の二冠馬の出現自体がまれであることなのにそれが同じ年に牝馬、牡馬の両方で生まれたということは誠に驚きである。

両頭の今後の動向が注目されるところだ。いずれも秋は国内で三冠を狙うようだ。無敗の三冠馬となれば、それも同時出現となればそれこそ空前絶後のことである。

勿論馬のことであり両馬が揃って三冠馬となることは容易でないが、しかし現在の力を維持できれば可能性は大いにあるのではないかと期待したいものである。

そして今週には安田記念があり最強馬アーモンドアイが出走する。アーモンドアイはすでにヴィクトリアマイルを楽勝している。

アーモンドアイとデアリングタクト、コントレイル。もちろんまだ直接対決は行われていない。いずれジャパンカップか有馬記念で実現するだろうか。

しかし直接対決の前、この時点でどのような評価、つまりレーティングが行われるかが興味がある。

昨年の日本馬のレーティングトップはリスグラシューの126でありアーモンドアイは124だった。安田記念も勝てばアーモンドアイはリスグラシューに並ぶだろう。

日本馬の評価は世界的に高い。デアリングタクトとコントレイルは3歳春時のアーモンドアイに匹敵する強さを持っているといってもおかしくない。

昨年はサートゥルナーリアとロジャーバローズは119だった。コントレイルは当然それより高くなるが一体どのような数値が与えられるだろうか。



◆沢田準【競馬を楽しく】
http://bit.ly/1BFqU5c

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

2020東京ダービーの勝ち馬エメリミットの6代血統表&9代クロス解析表

◆エメリミット6代血統表
エメリミット6代血統表

◆エメリミット9代クロス解析表
エメリミット9代クロス解析表



配合のポイント

1.父シンボリクリスエスは自身にノーザンダンサーを持たない
2.したがって、エビファネイアの母シーザリオのように、そのクロスを内包する牝馬がベスト
3.その上でTom Fool War Admial Princequillo がクロスできれば ほぼ配合的には合格
4.あとは母次第だが、この母はノーザンダンサー5本継続、さらにリボー、バックパサーのクロスの内包とパワフル。

5.勝たれて見れば納得も行くが、走る前は人気薄。予想の対象にもしなかった。競馬の奥深さを再認識。

2020.6.03
青木義明

青木配合の西山牧場2018生まれ産駒17頭の5代血統表・ベスト8


西山牧場の青木配合馬・ベスト8

ニシノメタル(牡)
ニシノカグラ(牝)
ニシノソメイノ(牝)
ニシノソワレ(牡)
セイウンスパーダ(牡)
ニシノオイカゼ(牡)
ニシノサラマ(牡)
ニシノリコリス(牝)

17頭それぞれに個性があり、それでもあえて8頭を選びました。
2020.06.02


【牝馬4頭】
◆セイウンエンプレス・本間(424)
セイウンエンプレス5代血統表

◆ニシノカグラ・北出(409)
ニシノカグラ5代血統表

◆ニシノリコリス・小島茂(440)
ニシノリコリス5代血統表

◆ニシノソメイノ・武藤(407)
ニシノソメイノ5代血統表

【牡馬13頭】
◆セイウンスパーダ・栗田徹(495)
セイウンスパーダ5代血統表

◆ニシノアジャスト・小手川(525)
ニシノアジャスト5代血統表

◆ニシノレガシー・長谷川(525)
ニシノレガシー5代血統表

◆セイウンジャック・佐々木(452)
セイウンジャック5代血統表

◆ニシノライトニング・根本(489)06/07東京デビュー予定
ニシノライトニング5代血統表

◆ニシノオイカゼ・武市(509)
ニシノオイカゼ5代血統表

◆セイウンブイワン・稲垣(484)
セイウンブイワン5代血統表

◆ニシノバシャール・鈴木伸(473)
ニシノバシャール5代血統表

◆ニシノガブリヨリ・橋口(466)
ニシノガブリヨリ5代血統表

◆ニシノソワレ・奥平(484)
ニシノソワレ5代血統表

◆ニシノサラマ・小桧山(476)
ニシノサラマ5代血統表

◆ニシノメタル・武藤(442)
ニシノメタル5代血統表

◆ニシノファルシオン・松山(530)
ニシノファルシオン5代血統表



◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp


◆お問い合わせ先
電話番号:03-3735-4430
メールアドレス:support@ktsn.jp













7月5日(火)の晩に東京・中目黒で松田美緒さんのライブを楽しんできた。飲み物や食事を摂りながらのライブで会場には程よい一体感が生まれ、美緒さんのトークもときどき笑いを誘うのでなおさらに和やか。アットホーム。

松田美緒さんには震災前から声援を送ってきた。もう5年以上が経つ。その間に美緒さんの実力はさらに磨かれ、世界を股にかけて歌い歩き、NHK-FMや「ラジオ深夜便」にも何度か出演している。そもそも美緒さんを知ったのもFMで偶然にだった。いろいろな出会いは偶然が多いが、しかし今では美緒さんを知ったのは必然という気もしなくはない。換言すれば「運命」のようなもの。これからも小生の「長女」のような年頃の彼女の成長をあたたかく見守りたいと思う。

なお、下記に転載するように今月は日本各地でライブが続きます。お近くの方はぜひお立ち寄りください。




◆美緒さんのHP
http://www.miomatsuda.com/blog/news.html


↓美緒さんのメルマガ(7月2日号)より転載↓

4月末からギリシャ、カーボヴェルデ、ポルトガルなど7カ国の旅をして、レコーディングやコンサートをして帰ってきました。それから沖縄の国際島嶼会議、そして秋田のマタギの里へ招いていただき、貴重な音楽旅をしてきました。

移動距離は遠いのですが、地中海、大西洋の旅の後に訪れた沖縄、秋田の海や山にギリシャの海の歌、カーボヴェルデのリズムなどがぴったり合ったりして、人々に歌い継がれた歌には瞬時に時空を超える力があるのだと思いました。人類がもともと同じところからやってきたように、歌もまた根源につながっています。

さて、そんな旅のあと、今日からツアーが始まりました。1ヶ月の"QUATRO M"ブラジル音楽ツアーです。

今夜の仙台のライブも満員のお客様と盛り上がって、とっても素敵な夜でした。ご来場の皆様ありがとうございました。

明日から、白石、東京、松江、倉敷、武雄温泉、長崎、別府、行橋、福岡、和歌山、京都、大阪へ

素晴らしき相棒はNY在住のサンバ・ジャズピアニスト、MIKAさんと、豊穣のブラジル音楽の海を渡ります。

MIKAさんの絶妙なリズムに乗ってサンバを歌っていると、リオデジャネイロの音楽の風景が蘇ってきます。

ブラジル音楽は自分にとって音楽の学び舎で、喜びの源泉です。
知性と野性が混淆し洗練された素晴らしき世界です。
今月は、そんな豊穣のブラジル音楽をめいっぱいお贈りします。

明日7/2には、MIKAさんと出演したNHK-FMの番組「今日は一日ブラジル丸かじり三昧」が放送されます。サンバのリズムや歌い方、ノリ方の解説つき、演奏もたくさんです。QUATRO M出演は夜7時20分頃から、スマホアプリの「らじるらじる」などを使って、全国でお聴きいた
だけます。

リオ・オリンピック間近の1ヶ月、いろいろな場所へ行きますので、ぜひお近くの会場で、一緒にブラジルの音楽世界を楽しんでください!お待ちしています!!

Bjs
Mio Matsuda


━━━━━━━

~QUATRO Mツアー~ 


7/26(火)和歌山 初めての和歌山です。
会場:セントルイス
〒640-8392 和歌山県和歌山市中之島2255 宮下ビル 1F
開場 19:00 開演 19:30
料金:前売3,000円 当日3,500円
お問い合わせ 
073―422―4225 (和歌山音楽愛好会フォルテ) 
073-432-5710(セントルイス)


7/29 (金)京都 とてもお料理が美味しい賀茂川岸のお店にて。40名限定です。
会場:きらきらひかる
〒603-8064京都市北区上賀茂菖蒲園町30-3(上賀茂橋東詰上ル4軒目)
開場17:30 開演19:00
料金:予約 3,000円 当日 3,500円
(お料理のライブスペシャルメニューあり)
TEL 075-791-2111
京都市営地下鉄烏丸線・北大路駅(北改札口・出入口1)または北山駅(出入口3・4)
より約950m(徒歩約15分・タクシーで約3分)


7/30(土) 大阪 Quatro M誕生の地で、フィナーレです!
会場:CHOVE CHUVA
〒550-0003 大阪市西区京町堀 1-13-2 藤原ビル2F
開場 19:00 開演 19:30
料金:前売3,000円 当日3,500円
予約・お問い合わせ Tel & Fax.06-6225-3003


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブラジリアン・ウィークエンドにQUATRO Mで出演
8月6日(土)14:00?15:00 観覧無料
赤坂Bizタワー2F アトリウム ピアノエリア
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
~日本テレビのドキュメンタリー~
松田美緒の歌探しの旅を全国、時には海外まで、撮影隊が同行中です。
9月中旬以降、日本テレビ「NNNドキュメント」で放映予定です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
~松田美緒Facebook オフィシャルページ~
https://www.facebook.com/miomatsudaofficial
ライブ情報、写真など載せています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

続・「大井の帝王」の視線の先◆竹内康光【馬よ草原に向かって嘶け】


2018年に同タイトルの記事を前編・後編に分けて書かせてもらったが、今回はその続きを書くことにした。的場文男騎手は2018年に佐々木竹見騎手が持っていた地方競馬最多勝記録(7152勝)を更新して、その後も重賞を勝つたびに最高齢重賞制覇の記録を更新している(森下博騎手が持つ最高齢勝利記録ばかりは、時を待つしかない)。

現在は一昨年から持ち越された宿題、東京ダービー制覇に向けて黙々と準備を重ねている。昨年は騎乗馬がなく、一昨年はクリスタルシルバーで通算10回目となる東京ダービー2着。本人は「37回乗って2着10回だから、連対率だけはすごいんだよ。」とジョークを飛ばすが、勝ちたいという気持ちがヒシヒシと伝わった。

一昨年、ゴールした瞬間の実況は「的場、来たか?どうだ!」だった。劣勢は明らかでもそう叫ばずにいられなかったアナウンサー、勝利騎手インタビューでも矢野騎手に「内にいたのが的場さんだと気付いていましたか?」の問いかけていた。一瞬困った表情になった矢野騎手だって、実は的場文男騎手のダービー制覇を願っている。

南関東リーディングトレーナー・浦和の小久保師も、「的場さんにうちの馬でダービージョッキーになってほしい。」と公言するほどの大ファン。心待ちにしているファン達は村上春樹のノーベル文学賞のように、ダービーデーの大井に詰め掛ける。村上春樹のノーベル文学賞とどっちが先か、今年は現地で盛り上がれるかは微妙だが。

的場文男騎手の現3歳世代の重賞の騎乗成績は以下の通り。
鎌倉記念 チョウライリン5着
平和賞 チョウライリン3着
ハイセイコー記念 チョウライリン3着
東京2歳優駿牝馬 ジャギーチェーン12着
ニューイヤーC チョウライリン4着
雲取賞 チョウライリン7着
京浜盃 チョウライリン10着
クラウンC ヘブンリーキス8着
羽田盃 モンゲートラオ5着
東京湾C サンスクリット8着
(ローレル賞・全日本2歳優駿・ユングフラウ賞・浦和桜花賞・東京プリンセス賞は騎乗馬なし)

6月3日の東京ダービーにはモンゲートラオで参戦、羽田盃は1着から1秒2差。この約6馬身を埋めるために、付きっきりで仕上げていると聞いた。4代母はトウメイ、そこにハギノカムイオー→スキャン→マーベラスサンデー→トランセンドと配合を重ねてきた馬。距離延長は間違いなくいいし、的場騎手と手が合いそうなタイプ。

今の状況と重なって思い出されるのは、ナイキゲルマンとのコンビで戦った2003年クラシック。羽田盃は同馬主のライバル・ナイキアディライトと初対戦、逃げるアディライトを見ながらゲルマンは6番手。直線で的場騎手が追っても追ってもその差は詰まらず、0秒9差の2着に完敗した。

その日の最終レースを勝った的場文男騎手は、「あと1ヶ月、毎日の稽古でアディライトとの差を1秒詰められるように工夫して乗りたい。」と話してくれた。後ろを振り返るのではなく、いつも前だけを見つめるのは当時も今も同じ。モンゲートラオにも付きっきりで、逆転の一手を狙っている。

2003年の東京ダービーは、アディライトとゲルマン着差はほぼ変わらずの1秒でまたも2着。けれど11回目のプレイバックはもういらない、今年こそダービージョッキーになって欲しい。「子供の頃から、宿題は終わらなかったからな。」と冗談に紛らせつつも、大井の帝王の視線は残された唯一の勲章を見据えている。

◆竹内康光【馬よ草原に向かって嘶け】
http://bit.ly/17MDXV7

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

中継映像の問題◆沢田準の競馬を楽しく

本コラムでたびたび取り上げてきたのがテレビ中継画像についてである。

その理由は今やほとんどのファンはテレビの画像でレースを見ているからだ。自宅や場外では当然だが競馬場でもヴィジョンやテレビでレースを見ているファンがほとんどであり双眼鏡を手にしているファンはほとんどいない。

このためテレビ中継は非常に重要であり問題があればそれを指摘する必要があるからだ。

テレビ中継に求められるものはレースの全貌を余すところなくまた全馬を公平に伝えることだ。また発生したことをできる限り漏らさないことも要求される。

ところが必ずしも中継に対する要求が満足されるとは限らない。そこで本コラムとなるわけだ。

これは専門家も同様のようだ。週刊競馬ブックで丹羽記者がヴィクトリアマイルについて以下のように記されている。

「アーモンドアイは強かった。が、問題はカメラ。直線で約10秒もアップして他の馬が全く映っていなかった。」「全員が全員アーモンドの馬券を買っているわけではないし、記録映像としても適切とは思わない。」

私はフジテレビを見ていたので改めてJRAオフィシャルの映像を見ると、まさに丹羽記者が書かれているとおりの映像だ。アーモンドアイの前にいたサウンドキアラは何とかわかるが追い込んできたノームコアはどこにいたのかゴールインの時に1回だけ呼ばれただけだった。

私がフジテレビを見たのはこれまでの例からJRAオフィシャルよりわかりやすい映像だからである。

それではオークスはどうだっただろうか。やはりJRAオフィシャル映像。2コーナーにかかると先頭馬から順次パーンしていく。

アナウンサーはアップされた馬の馬名を呼ぶ。最後方の馬まで順次呼んでいけばこれはいつものことだ。ところがオークスでは馬名のアナウンスと連動せずに最後方までパーンしてしまった。

映像に写っている馬とアナウンスされる馬がまるでずれてしまったのだ。これは3コーナー手前で外埒に置いたカメラで馬群を斜め前からという映像に切り替えるためである。

これは大レースではよくやる撮り方でありオークスもフジテレビを見たので、あとでJRAオフィシャル見ての評価である。

丹羽記者はダービーについても「今年もダービーでは発馬を下から映す構図なのだろうか。あれも意味不明。」と書かれている。

これは昨年のダービーではスタートの瞬間を地面に置いたカメラの映像で撮ったのである。これは香港方式といえるが、ところがこの映像では出遅れが全く分からないのである。

昨年は本命のサートルナーリアが出遅れてしまったのだがそれが映っていないという大問題だった。アナウンスでは出遅れをフォローしていたがそれでいいわけはない。

スタートでの最大の問題は出遅れだ。それを見ることのできない中継映像は失格である。





◆沢田準【競馬を楽しく】
http://bit.ly/1BFqU5c

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp


田中龍作ジャーナル
http://tanakaryusaku.jp/



 東京のバーニー・サンダースが都知事選挙に立つ。

 6月18日告示、7月5日投票の東京都知事選挙は、珍しく任期満了に伴う選挙となる。東京都がいかにゴタゴタ続きであるかを物語る。都民は二の次にされてきた。

 「宇都宮さんが知事だったら、こんなことにはならなかった」。築地(現豊洲)の仲卸関係者が天を仰ぐように言ったのを思い出す。

 その宇都宮健児氏(弁護士73歳)が、きょう、都庁記者クラブで立候補表明の記者会見を持った。

 氏は都知事選の大方針を次のようなスローガンで表す―

 「都民の生存権がかかった選挙である。都民一人ひとりの雇用を守る、営業を守る、生活を守る、命を守る」

 都民に犠牲を強いるオリンピックについては「早い段階で中止すべき。大変な予算を要する。そんな予算があれば市民を救える」と語る。


 野党が担ぎたがる人気候補や小池知事と、宇都宮氏の最大の違いは、弱者への目線だ。

 具体的な政策としては「学校給食の完全無償化」「非正規労働者を減らし正規労働者を増やす」「都立・公社病院の独立行政法人化を中止する」など。

 リーマンショック(2008年)の際、日比谷公園に出現した年越し派遣村を思い出す。

 田中は現場で取材していたが、宇都宮氏は名誉村長として、職と住まいを同時に失った非正規労働者の救済にあたった。凍死せずに、自殺せずに済んだ労働者は数えきれないほどいた。

 2016年、舛添知事(当時)がささいなスキャンダルを理由にメディアスクラムでその座を追われた。

 宇都宮氏は舛添知事の辞任に伴う都知事選にも立つべく準備を進めていたが、民進党(現・立憲)幹部から事実上引き摺り降ろされた。

 彼らが野党共闘として担いだ候補は、女性スキャンダルが発覚したこともあり惨敗した。


 人気者を担げば都知事選挙は何とかなるという発想は幻想に過ぎない。都民は幾度もそれを見てきた。

 コロナ禍でズタズタになった社会をどう建て直すのか。深刻化する一方の貧困。誰のために政治はあるのか。

 地に足の着いた政策を実行しそうな候補者が、きょう、正式に名乗りをあげた。

      ~終わり~

   ◇
『田中龍作ジャーナル』はマスコミにはない視点からニュースを伝えます。政権やその補完勢力の幇間にはなりません。

取材には交通費等がかかります。ご支援何とぞお願い申し上げます。↓






◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1

[競馬通信社]青木義明が選んだ2018年生まれ/西山牧場以外のPOG推奨馬30頭


緊急発表

青木義明が選んだ2018年生まれ/西山牧場以外のPOG推奨馬30頭
http://keibatsushin.blog.jp/archives/32335959.html

競馬通信社ブログ


※並びは評価順ではありません。

サンフィニティ(牝)ルーラーシップ、イントロダクション(鈴木伸)


レガトゥス(牡)モーリス、アドマイヤセプター(木村哲也)


サトノレイナス(牝)ディープインパクト、バラダセール(国枝)


グランワルツ(牝)ロードカナロア、バウンスシャッセ(国枝)


フェットデメール(牝)エビファネイア、ディアデラマドレ(武井亮)


クルーク(牡)モーリス、クロノロジスト(中内田)


アルマドラード(牡)キングカメハメハ、ラドラーダ(藤沢和)


ハヴァス(牡)、ルーラーシップ、ペルフィカ(岡田稲)


ハンディーズピーク(牡)マジェスティツクウォリアー、パノラマビューティ(大久保龍)


マイネルデルフト(牡)プリサイスエンド、パールイヤリング(中野栄治)


コスモマッドネス(牡)ジョーカプチーノ、ミルクラビッシュ(小野次郎)


ウインルーア(牝)ゴールドシップ、コスモエルデスト(青木孝)


スカリーワグ(牡)ドゥラメンテ、ジプシーマイラブ(藤原英)


ファルヴォーレ(牡)ドゥラメンテ、フリティラリア(高橋義)


ホッコーハナミチ(牡)ホッコータルマエ、シーノットラブユー(未定)


エイシンチドリ(牝)エイシンヒカリ、エーシンブランシュ(上村洋行)


ニースバローズ(牝)オルフェ―ヴル、ビーウインド(斉藤誠)


ニーヨル(牡)シニスターミニスター、カリビアンセレブ(畠山)


グランディオサ(牝)ロードカナロア、ジュモードリステ(庄野)


メモリーウイニング(牡)、ホッコータルマエ、メモリーシャルマン(斉藤崇)


リエヴェメンテ(牝)ドゥラメンテ、ヒルダスパッション(萩原清)


パタゴニア(牝)キズナ、ライクオーセール(池添学)


ベルンハルト(牡)ラブリーデイ、アーデルハイト(池江泰)


ロードシュトローム(牡)マクフィ、オーシュペール(清水久)


ウインマイソウル(牡)ゴールドシップ、コスモマイルール(水野)


マオノジーナス(牝)エビファネイア、デアリングバード(黒岩)


プライドオブエレナ(牝)ホッコータルマエ、キスオブザビーナス(奥村)


ファステストシチー(牡)エイシンヒカリ、プリンセスミユキ(奥平)


ブライエス(牝)キズナ、エディン(高野友)


ランスルー(牡)ダイワメジャー、フェアエレン(小笠)




【会員向け馬券情報】

#青木の血統馬券

1.ツイッター無料公開予想
→1日1レースを投稿予定

2.ノート馬券
→複勝コース・1レース300円
→馬連、馬単コース・1レース500円
→3連複、3連単コース・1レース1000円

青木義明のノート馬券
https://note.com/aokiyoshiaki



【ご送金口座】

三井住友銀行
六郷支店
(普)3717353
アオキヨシアキ


◆青木義明【競馬一直線】
http://bit.ly/2zotqB1


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp


◆お問い合わせ先
電話番号:03-3735-4430
メールアドレス:support@ktsn.jp


↑このページのトップヘ