高速化が進む日本競馬 芝育成技術の進歩とファンの誤解



netkeiba.com
http://www.netkeiba.com/



因果な仕事だと思った。先日、競馬場の芝についてJRAの専門家に話をうかがう機会があった。競馬場の馬場は予想をする上で重要なファクターながら、実際に話をうかがい、知らないことがたくさんあった。

 みなさんはどう思うだろう。時計の出る芝はどのようなものなのか。硬いと連想する人は少なくないはずだ。実際に硬い馬場は時計が出やすくなる。だからといって硬い馬場しか時計が出ないということではない。ここがポイントだ。

 JRAが目指す馬場。公正に全出走馬が能力を発揮し、かつ安全であること重視している。決してレコードや時計が出る馬場を歓迎しているわけではない。馬場の均一性、平たん性、クッション性を追求し、進化に努めている。時計が出ているだけに硬い馬場をつくっていると思われがちだが、それは真逆。むしろ柔らかい馬場を目指してやっている。

 馬場のクッションを数値化するもので重力加速度というものがある。単位は加速度としても用いられる“G”。東京競馬場の芝は約90Gとなっている。あまりピンとこない人もいるだろう。東京競馬場のパドックに敷かれている人工芝が約190Gで一般的な学校の校庭で約600Gだ。年代によって上下するものの、近年でもっとも硬かったのは90年代前半の芝で約130G。そこから安全性を重視するようになり、05年からは80Gから90Gの間を推移している。しかし、時計は年々、速くなる傾向にある。要するに、馬場の硬度と時計の速さに大きな相関性はない。では、なぜ時計が速くなっているのか。

 その鍵を握るのは芝の種類と日本の技術にある。硬度で比較するなら世界の競馬場と大きな差はない。それでも速い時計が出ているのは、日本の競馬場は野芝を主に使っているからだ。日本には四季がある。その環境に適しているのが野芝。フランスのロンシャン競馬場はペレニアルライグラスをメインとしている。この二つの特徴は芝の見えている部分ではなく根っこにある。野芝の根は網目状に張り巡らされるのに対し、ペレニアルライグラスは1本1本が単体で生える。要は野芝は根の部分がカーペットのようになっており、グリップがしっかり利くが、ペレニアルライグラスは脚に絡みつくようなイメージだ。もともと走りやすい芝に加え、前述した均一性、平たん性を突き詰めたところ、時計が出るようになった。

 そこに日本人の勤勉さが加わる。約30年前からの取り組みとして、日本の競馬場の芝に最適な芝はどの種類なのか。全国各地の芝を徹底的に分析し、競馬場に合う芝を造り上げた。こうしてできあがったものがエクイターフ。走りやすくて安全な馬場がつくられた。ただ、副産物としてついてきたのが高速化。これにより、誤解が生じることになる。「JRAは速い馬場をつくろうとしているのだろう」「時計が出るということは硬い馬場に違いない」「馬の故障につながる」という意見だ。せっかくつくった走りやすい馬場なのに。

 走りやすくて安全の上、記録も出やすい。これは他のスポーツなら称賛されるはず。ただ、競馬でその風潮はない。日本の馬場の優秀さについて、知られていないということもあるが、記者が思うに競馬はスポーツとギャンブルの二面性があるからだ。

 他の競技で新記録が出たら話題になる。ただ、競馬だとそうはならない。今夏の札幌。ダートではあるが1700メートル戦で日本レコードが樹立された。エルムSを制したロンドンタウンが記録した1分40秒9。従来の記録を0秒8も短縮する驚異的なものだ。ただ、これが競馬ファンにとって最大の関心事とはならなかった。

 そこにあるのはギャンブルという一面だ。タイムで競い合う競技で分かりやすさから陸上100メートルと比較してみる。100メートルの場合、勝者の次に注目されるのは記録だ。しかし、競馬の場合は勝者の次に気になるのは配当。いくらの払い戻しになるのかが注目される。走破時計の優先順位は低い。

 冒頭の因果な仕事と思ったのはここだ。JRAとして走りやすい馬場をつくろうと追求し、結果として安全で走りやすい馬場ができつつある。しかし、その馬場は時計も出やすくなった。出やすくなってしまったという表現の方が正しいかもしれない。そうなると先述した誤解が生じ、手放しで称賛されることはない。むしろ、攻められる可能性すらある。しかも、時計に特化していない競馬。他競技ならたたえられるレコードの更新も注目されない。何とももの悲しい。

 ただ、これから寒い時季になる。記者の先輩方は冬枯れの芝の上を…など、“冬枯れ”というフレーズを使っていたが、今は冬でも青い芝が残っている。これは数十年前では考えられないこと。技術改良や徹底した管理など、馬場に心血を注いだ人がいるからこそ、年間を通して安定した競馬開催ができている。それは間違いない。馬場の進化は目覚ましい。

 と、ここまで書いて、最後に水を差すようなひと言。日本の馬場の優秀さは十分に理解したものの、ファンの立場から言いたいこともある。果たしてJRAが目指す馬場はファンの求める馬場と合致しているのだろうか。いろいろな話を聞いてふと思った。次の機会があれば、そのことについて触れてみたい。(デイリースポーツ・小林正明)
提供:デイリースポーツ

霞が関「かけかくし」 加計文書の開示は選挙翌日の23日



田中龍作ジャーナル
http://tanakaryusaku.jp/



2017年10月17日 19:53 Tweet



 今治市出身の夫を持つ女性が、政府に対して行った加計文書開示請求で、内閣府と文科省が「10月23日に開示する」と回答していたことがわかった。きょう、女性と代理人弁護士らが司法記者クラブで会見し明らかにした。10月23日は衆院選投票日の翌日である。

 これらの文書が選挙中に世に出ていれば加計問題は再燃していた。選挙投票日(22日)の翌日で安倍自民圧勝に世の中が騒然としている中でなら問題にならないと踏んだのだろうか。狙い澄ましたような日程は明らかに加計隠しである。
 
 23日は文科省の大学設置・学校法人審議会が今治・加計獣医学部の認可答申を行うのではないかと目されている日でもある。ドサクサに紛れての情報開示だろうか。

 今回の開示請求は、今治市民の情報公開請求で明らかになった約1万ページの「今治加計文書」に呼応する政府側の資料に対して行ったもの。

 情報公開請求は8月にかけられ、一部は不開示となった。9月21日に開示されるはずだった文書は、10月23日まで期限延長になった。安倍政権の致命傷になるであろう記録は不開示にし、出してもいい文書まで選挙が終わるまでは開示しないのである。

 10月23日に開示予定の文書は、文科省内にあるとみられる「京都産業大学」や、「獣医学部」と書かれたメール類と、内閣府の特区ワーキンググループのヒアリングに関するデータなど。

 安倍政権にとっては都合の悪い情報がどこまで開示されるだろうか。

獣医学部校舎設計図。工事関係者から流出した。水増し請求やズサンな設計によるバイオハザードの危険性が明らかになるため、政府は開示しない。
獣医学部校舎設計図。工事関係者から流出した。水増し請求やズサンな設計によるバイオハザードの危険性が明らかになるため、政府は開示しない。

 10月23日と期限を定めたことについて「選挙中に開示すると影響が出るからか、あるいは設置審答申が出てからということなのか、説明はあったか」と会見で拙ジャーナルは質問した。

 女性の代理人である海渡雄一弁護士は「(なぜ10月23日かとの)説明はなかった。あまりに微妙すぎる日程だ」と頭をひねった。

 獣医学部の設計図(文科省)や、今治市職員が官邸に行ったとされる15年4月2日の出張記録に呼応する官邸側の記録(内閣府)など、不開示とされた文書について、女性は同日、不服申し立てを済ませた。

 入場記録さえないと主張する官邸が、今後何か出してくるとも思えない。

 海渡弁護士は「官邸は丁寧に説明すると言いながら、完全に拒否回答だ。文書が残っていないとすれば公文書管理法違反」と語気を強めた。

  ~終わり~





◆青木義明の競馬一直線
http://bit.ly/2j3jFAA



安倍首相 11月のトランプ会談後に“禅譲”の可能性も



http://news.nifty.com





2017年10月17日 07時00分 NEWSポストセブン



 安倍晋三・首相は10年前の第1次政権では参院選大敗後に無理を重ねて政権にしがみつき、体調悪化でわずか1か月後に退陣に追い込まれた。今回は逆に、選挙に勝ったうえで余力を残して後継者を指名して退陣し、次期政権に影響力を残す道を選ぶという見方がある。

 政権運営に責任を負わない“キングメーカー”ならストレスもなく、体調不安の心配をせずに裏から権力を握ることができるからだ。後継指名は首相の“政治の師”である小泉純一郎・元首相が選んだ道でもある。自民党細田派の中堅が語る。

「小泉さんは安倍総理を後継者に指名した後、ほどなくして楽隠居を決め込んだ。派閥に森喜朗・元首相というキングメーカーがいたからできたことです。

 しかし、派閥領袖の経験がない安倍さんは以前から、退陣した後は派閥に戻って高齢の森さんから派閥オーナーの座を引き継ぎ、名実ともに父の晋太郎氏以来の安倍派を再興するという気持ちが強い。最近はとくに体に無理を強いて長期政権を目指すより、森さんのように長くキングメーカーとして君臨したいという考えに傾いているように感じる」

 その最短のタイミングが、11月に来日するトランプ米大統領との首脳会談だ。安倍首相は「年末から来年にかけて北朝鮮情勢が緊迫化する」という判断が国難突破解散の一つの理由だと語っているが、体調の維持に苦しみ、モチベーションを保つことが難しい精神状態で、有事に果たして耐えられるのか。

 官邸の側近たちは、選挙中、首相が「過半数は絶対大丈夫」との報告を受けても、いつものように喜ばなかったことから、目標喪失状態にあるのではないかと見ている。そこにトランプ氏とのゴルフ会談を終えた後、“政権を禅譲する”可能性を感じているというのだ。

※週刊ポスト2017年10月27日号

オークス&ダービー優先出走権、桜花賞&皐月賞5着以内に拡大



今年の桜花賞ゴール前。オークスとダービーの優先出走権は、これまでの桜花賞4着以内、皐月賞4着以内だったが、来年度はそれぞれ5着以内に拡大となる

今年の桜花賞ゴール前。オークスとダービーの優先出走権は、これまでの桜花賞4着以内、皐月賞4着以内だったが、来年度はそれぞれ5着以内に拡大となる【拡大】

 来年度の大きな変更点として、3歳スプリント路線の充実を図るため、葵S(5月26日、京都、新設重賞、芝1200メートル)が重賞に格上げされた。3歳短距離馬に夏のサマースプリントシリーズまで適切な番組がなかったことも解消される。

 また、3歳GIの優先出走権も見直された。NHKマイルCの前哨戦として、アーリントンCが新たに加わる。これはNHKマイルCがレースレーティングの低下でGII格下げの危機にあることから、近年、勝ち馬が活躍しているアーリントンCをトライアルに指定することで、レベルの高い馬の出走を促す目的だ。

 オークスとダービーの優先出走権は、これまでの桜花賞4着以内、皐月賞4着以内からそれぞれ5着以内に拡大。逆にオークストライアルのサンスポ賞フローラSは3着以内から2着以内、スイートピーSは2着以内から1着馬のみに優先出走権が与えられる。

★開催日割

 平成30年度の中央競馬は1月6日から3日間連続開催でスタート。有馬記念は12月23日で、同28日のホープフルSで終了となる。開催日数は今年と同じ288日で、開催時期の大きな変更はない。

★3日間開催

 1月6~8日の中山・京都競馬、2月10~12日の東京・京都・小倉競馬(10日は京都・小倉、11日は東京・京都、12日は東京・小倉)、9月15~17日の中山・阪神競馬、10月6~8日の東京・京都競馬で実施する。

★JBC

 3月に発表されたとおり、来年のJBC諸競走は11月4日に京都競馬場で開催される。これに伴い、同週に施行されていたみやこSは休止となる。

★格上げ

 桜花賞トライアルのチューリップ賞はGIII→GIIへと格上げされる。

★ホープフルSなどの前日発売

 12月28日に中山競馬場で行われるGIホープフルSは全国の競馬場、ウインズ(一部を除く)およびインターネット投票で前日発売を実施。同日に行われるヤングジョッキーズシリーズファイナルラウンドなど中山・阪神の特別レース9鞍も前日発売を行う。

★JRAスーパープレミアム

 12月28日の中山・阪神競馬全レース全投票法の払戻率を上限の80%に設定する。この日の「秋の2歳単勝」は、さらに売り上げの5%相当額が上乗せされる。

★TCKスーパープレミアム

 ヤングジョッキーズシリーズファイナルラウンド大井が行われる12月27日の東京シティ競馬(TCK)も、全レース、全投票法の払戻率を80%に設定される。

★有馬記念公開抽選

 有馬記念の枠順抽選は12月21日に公開で実施。BSフジ(17・0~18・30)で生中継される。

JRA18年度開催日程発表 海外馬券 WIN5が競馬場で買えるように



 JRAは16日、東京都港区の六本木本部で関東定例記者会見を行い、来年度の開催日割案などを発表した。来年秋からICカードを用いて現金を使用せずに投票ができる『キャッシュレス発売機』の導入も発表。これまでネット販売のみだった海外馬券、一部の競馬場、ウインズのi-Seatとネット販売でしか購入できなかったWIN5も同発売機で購入ができるようになる。

 今まではネット販売が中心だった海外馬券とWIN5が、競馬場やウインズで購入可能となる。JRAは18年秋の東京競馬場(全国導入は順次)から『キャッシュレス発売機を』を導入することを発表した。

 イメージとしては交通系カードと同じシステムだ。キャッシュレス会員になった上で、専用の非接触型ICカード『JRA-UMACA(ウマカ)』へ入金。キャッシュレス販売機にカードをタッチする形で投票が可能になる。

 同システムでは馬券レス(レシートに購入内容を印字して輩出)、現金レス(カード内のチャージ金、払戻金などにより購入)に。また、インターネット投票を利用したシステムのため、海外競馬やWIN5の購入もできるようになる。

 情報照会端末機『UMAポート』も導入し、キャッシュレス投票の過去投票内容照会やオッズ印刷機能に加え、UMACAを介したクーポンなどのサービスを行う予定だ。

 他には今年の12月28日に“JRAスーパープレミアム”を実施することも発表された。新設G1・ホープフルSを含む、中山、阪神の計24競走で、全賭式の払戻率を上限の80%に設定。全ての賭式を上限に設定するのは、14年4月1日の競馬法改正以来、初となる。

 また今年も12月23、24日は、通常の払戻金に売り上げの5%相当額が上乗せされる「有馬ウィーク馬連」が実施される。
提供:デイリースポーツ

自民「9条改正」案、秋に提示か 衆院選の堅調報道受け



http://news.yahoo.co.jp/



10/17(火) 7:45配信

朝日新聞デジタル



 自民、公明両党で300議席をうかがう――朝日新聞をはじめ報道各社が実施した衆院選の情勢調査結果が出た。自民党内では結果を受け、秋に臨時国会を召集し、党として憲法9条の改正原案を示す案が早くも浮上。安倍晋三首相も選挙後の改憲議論を見据え、布石を打ち始めた。

 情勢調査で自民党の堅調ぶりが伝わって以降、党憲法改正推進本部の幹部の間では、選挙後に首相指名を行う特別国会の閉幕後、改めて臨時国会を召集し、自民党の9条改正原案を示す案が浮上。幹部の一人は「我々の考え方、議論の方向性を示せるかどうかだ」と語る。

 安倍首相は憲法改正について、街頭演説でほとんど触れていない。だが、今回は自らが提案した「自衛隊明記」など改憲4項目を公約に盛り込み、テレビ出演では自衛隊を明記することについて党内の意見は「まとまっている」と強調。衆院選公示翌日には、テレビ番組で自民党の高村正彦副総裁について、「任期の間は務めてもらう」と表明した。衆院選に立候補しなかった高村氏を来年9月の任期まで引き続き副総裁として遇し、改憲に向けた党内外の調整役として、議論を加速させる考えだ。

 これに対し、公明党の山口那津男代表は「国民の理解の成熟がなければ、発議して信を問うのは時期尚早になる」と慎重姿勢だ。希望の党の小池百合子代表も首相提案に基づく自衛隊明記は「大いに疑問がある」としている。立憲民主党や共産党、社民党は首相提案を批判しており、各党の獲得議席によって、9条改正をめぐる議論の展開は大きく変わる可能性がある。
.
朝日新聞社

「森友」問題めぐり、市民団体が佐川国税庁長官らを告発



http://news.nifty.com



2017年10月16日 23時47分 TBS



 学校法人「森友学園」に国有地が払い下げられた問題をめぐり、うその国会答弁をして証拠隠滅を行ったなどとして、市民団体が佐川国税庁長官ら2人に対する告発状を東京地検に提出しました。
 告発したのは大学教授らで作る市民団体のメンバーです。

 当時、財務省理財局長だった佐川宣寿国税庁長官は国会で森友学園への国有地売却をめぐる交渉の記録について「保存期間は1年未満」「データは消去され、復元できない」などと答弁しています。市民団体はこうした答弁について「虚偽であることは明らかだ」として、国有地を不適正な価格で売却し、国に損害を与えた背任についての証拠隠滅の疑いで告発しました。

 また、交渉にあたった当時の近畿財務局の担当者については国におよそ8億円の損害を与えたとして、背任の疑いで告発しました。市民団体は「佐川長官の罷免を求める署名が2万人分集まったことも告発を後押しした」と説明しています。(16日16:21)

【速報】加計学園獣医学部、23日にも認可 同日に孝太郎理事長が記者会見



田中龍作ジャーナル
http://tanakaryusaku.jp/



2017年10月16日 17:07



 田中龍作ジャーナルが政府関係者から入手した情報によると、文科省の大学設置審は衆院選投票日翌日の23日にも加計学園・岡山理科大学獣医学部の設置を認可する方向で最終調整に入った。
 
 同日中に加計孝太郎理事長が記者会見を開く。

 23日に認可を発表するのは世論が安倍自民大勝に沸く翌日だ。国民が安倍政権を支持したのだから異論は言わせない、という官邸の高圧的な姿勢が はっきりと 表れている。

 獣医学部をめぐっては、建設費の水増し請求やバイオハザードの危険性が指摘されているが、衆院選の圧勝を受けて安倍官邸が力でウヤムヤにすることになる。

 加計学園は経営悪化で極度の自転車操業となっており、もし獣医学部が認可されなければ倒産するものと見られている。

 加計学園を倒産させれば、加計理事長から真相を洗いざらいしゃべられる。それを恐れた安倍官邸が文科省に圧力をかけて設置を認可させた、との見方がある。

 文科省高等教育局大学設置室は田中龍作ジャーナルの電話取材に「設置審の開催日程は非公表につきお答えできない。答申があればその日に公表する」と答えた。

建設が進む加計学園・岡山理科大学獣医学部キャンパス。=9月、今治市いこいの丘 撮影:筆者=
建設が進む加計学園・岡山理科大学獣医学部キャンパス。=9月、今治市いこいの丘 撮影:筆者=

  ~終わり~
  
   ◇
皆様。回数券が必要なほどの今治通いで莫大な交通費を使いました。田中龍作に権力犯罪の追及を続けさせて下さい…http://tanakaryusaku.jp/donation





◆青木義明の競馬一直線
http://bit.ly/2j3jFAA







年内はメルマガ公開予想を中断し、有料情報料を1日1000円に値下げ◆青木義明の競馬一直線



有料情報の的中精度をより高め、そしてまた好配当馬券をヒットするために一つの決断を下しました。

1.年内は土日のメルマガ公開予想は中断する。
2.有料情報料を1日2000円から1000円に値下げする。
3.勝負レースは1日2レースとし、馬券は何でも使って常勝を目指す。



◆最近のヒット◆

青木義明の2017年ヒット馬券一覧
http://ktsn.jp/body?p=1(ご参照ください)



2017.10.09.月曜日

京都11R/京都大賞典

◎08トーセンバジル(単勝11倍6番人気、2着)
3連単・1着固定ながし
08→02.03.04.05.14.15
30点×1000円

3連単・2着固定ながし
08→02.03.04.05.14.15
30点×1000円

・1着04スマートレイアー(単勝8.6倍、4番人気)
・2着08トーセンバジル(6番人気)
・3着03シュヴァルグラン(1番人気)
・4着05ミッキーロケット(3番人気)
・5着14レコンダイト(306倍、14番人気)

・3連単(04-08-03)317.9倍的中
・獲得額 31万7900円



2017.09.18.月曜日

阪神09R/甲武特別

3連単・フォーメーション
01.03.04
01.03.04.07.08
01.03.04.05.07.08.09
60点×1000円

・1着03チェスナットコート(2番人気)
・2着01エーティーラッセン(1番人気)
・3着04メイショウカミシマ(8番人気)
  
・3連単(03-01-04)233.6倍的中
・獲得額 23万3600円(17万の黒字)



2017.09.10.日曜日
阪神11R/セントウルS

3連単・フォーメーション
06.07.13
02.06.07.13.14
01.02.06.07.11.13.14
60点×1000円

・1着07 2着06 3着13 4着02 5着01 
・3連単(07-06-13)368.1倍的中
・獲得額 36万8100円(30万の黒字)



【情報料の振込先】

三菱東京UFJ銀行
神保町支店(じんぼうちょう)
(普)0001604
株式会社競馬通信社

※IDを付記して登録名義でご送金願います。



◆青木義明の競馬一直線
http://bit.ly/2i9b3sz

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp



ヒットなし◆青木義明の競馬一直線


先週は総じて冴えを欠くレース分析となってしまった。特に日曜日の京都は雨予想で当初の買い目を書き換えて失敗。

いずれにしても多くを語れる成績ではなく、皆様には深くお詫び申し上げます。しかし、今週の巻き返しをお約束いたします。男の意地です。


【情報料の振込先】

三菱東京UFJ銀行
神保町支店(じんぼうちょう)
(普)0001604
株式会社競馬通信社

※IDを付記して登録名義でご送金願います。



◆青木義明の競馬一直線
http://bit.ly/2i9b3sz

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

↑このページのトップヘ