松籟ステークス◆沢田準の競馬を楽しく

阪神の5日目の第10レースに松籟ステークスというレースが行われる。古馬3勝クラスだ。

この名のレースは昔から行われている伝統的なものだが、かなり以前の事だがこんなことがあった。

競馬週刊誌の表紙に「障害ステークス」と書かれていたのだ。

松籟とは「松風」の意の漢語的表現だが一般的に使われる言葉ではなく、競馬で当たり前の障害とどこかで取り違えてしまったのだろう。

印刷されてあっと思ただろうが仕方なくそのまま使ってしまったのだろうか。

ところで松籟ステークスは近年は京都の2400メートルという距離で行われている。今年は京都が改築中のため阪神となる。

しかし距離が3200メートルと変わる。なぜ今年は3200になったのだろうか。

テレビ中継によると春の天皇賞は阪神の3200メートルで行われる。

阪神の3200は向こう正面の外回りでスタートし2週目は内回りというコースだが、現在のコースではこれまでこの距離のレースは行われていない。

そのため天皇賞の試走として松籟ステークスを3200で行うという事だった。

阪神の3200のフルゲートは18頭。ただし1月から3月26日までは重賞以外は16頭でありそのため松籟ステークスは16頭だ。

しかしわざわざ松籟ステークスを3200にしてこの距離の試走を行う必要があるのだろうか。

1週目は外回りだからスタート地点から3コーナーまではかなりの距離があり特に問題はなさそうだ。京都の3000の方がコーナーまでの距離ははるかに短い。

まさか今後もずっと松籟ステークスを3200にするという事ではないだろう。

ところで春の天皇賞を阪神で行うのは初めてではない。戦後でも1965年、70年、80年、94年が阪神だ。

しかし当時は外回りコースはまだなかった。スタート地点は当時あった1600のシュートの2コーナーの手前だった。

つまりスタートしてすぐに2コーナーというわけでかなり無理なコース設定だが長距離でありスタートはスローだからという事だろうか。

3000なら問題はないが、しかし天皇賞であり距離を詰めるというわけにはいかなかったのだろう。




沢田準【競馬を楽しく】
http://bit.ly/1BFqU5c

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

◆ニシノソワレ6代血統表
ニシノソワレ6代血統表

◆ニシノソワレ9代クロス解析表
ニシノソワレ9代クロス解析表


2021/2/21(日)

■ニシノソワレ
 東京2R 3歳未勝利 ダート2100を2番手から追い込む 9人気
 
 https://race.netkeiba.com/race/result.html?race_id=202105010802

一息入れた2戦目で馬体に張りも出て一変
まだ気性に少し幼い部分もあるが 大柄な馬体でダート基本に上級期待

・父のディスクリーキャットはパワフルなマイラー体型
・その父系は Storm Cat 系だが どちらかと言えばダートで本領発揮の血統構成
・すなわち その母に Buckpasser 3×4 その父にBold Ruler 5×5 
 そして自身には Ribot 5×5 Northern Dacer 4×5のクロス 
 配合がうまく行けば大物は輩出できるし 海外にはG1馬もいる 日本では根岸Sのエアハリファ


・ニシノソワレの馬体は父より伸びがあり 胴長に映る
・その母ニシノメルモがスペシャルウィーク×Sadler's Wells とシーザリオ的血統構成だからだろう
・ニシノソワレ自身のクロスは
Buckpasser 3本
 His Majesty=Grausrark 5×5 その父 Ribot 3本とディスクリートキャットの主要クロスを継続発展させた
 また Storm Cat と Nijinsky の近似血脈の結びつきも存在する

 9代クロス解析表を俯瞰すればわかるように 近代の主流血脈が縦横にクロスされている
 9代クロスの獲得クロスの「量的」部分も標準 継続クロス度数T値は5.66とやや高め
 リボー継続と合わせ ここが気性面の難点につながる可能性もあり 返し馬ではイヤイヤをしていた
 しかし レースではうまく折り合い2番手追走から逃げ馬を差しきった
 この根性は特筆できる
・2戦目で変わり身を見せて これからの気性 馬体両面の成長が楽しみとなった
・オープン級は十分に期待できる

2021.02.21
青木義明




[競馬マンション]レンタルルーム「券聖」の募集要項はこちら!

「券聖」は、競馬マンション入居費が無料で誰でも自由に参加できる予想家レンタルルームです。予想試験などは行わず、今すぐ予想を提供したい人が参加できます。
http://keiba-msn.com/kensei





ディアドラ引退◆沢田準の競馬を楽しく

ディアドラがついに引退した。33戦8勝。3歳時に紫苑Sと秋華賞、4歳時にクイーンSと府中牝馬Sを勝った。

これだけでも名牝と呼べるがもちろんディアドラの価値はそれだけではない。

外国で14戦1勝。4歳時には春にドバイでドバイターフ3着、年末には香港で香港カップ2着。

5歳時には中山記念(6着)のあと再びドバイターフ4着、香港に移ってクイーンエリザベスⅡ世カップを使い、そのままニューマーケットに入厩した。

そしてイギリス、アイルランド、香港でレースに出走、グッドウッドではナッソーステークスG1を勝った。

これは日本産で日本調教馬としては初めてのイギリスのG1勝利である。なお日本調教馬では2000年のアグネスワールドのジュライカップ勝ちがある。

6歳になってもニューマーケットに滞在しサウジアラビアで出走し惜しくも2着と敗れたが、その後もイギリス、フランスで出走し凱旋門賞も走った。

そして11月にバーレーンでも出走、ついに引退となったのである。引退後も日本には戻らずアイルランドで繁殖入りした。

このようなキャリアからはディアドラの場合、他の日本馬の外国遠征とは全く異なることがわかる。

また日本人のスタッフも帯同していたので馬だけを外国の厩舎に預けるのとも異なる。

ディアドラの同期の牝馬にはリスグラシューがいる。宝塚記念や有馬記念を勝ち外国でもコックスプレートを勝つなど好走を続けた。

しかし有馬記念を勝ったのを最後の5歳一杯で引退している。一方ディアドラは6歳まで走った。

なぜディアドラはリスグラシューより1年長く走り、また費用のかかる外国滞在を続けることができたのだろうか。

それはリスグラシューがクラブオーナーであるのに対しディアドラが個人オーナーだからだ。

リスグラシューの馬主であるキャロットファームの場合、牝馬は6歳3月で引退と決められている。アーモンドアイのシルクレーシングも同様だ。

また長期外国滞在のようなコストがかかるようなことはできない。

ディアドラの外国遠征はとてもその費用を回収できないとオーナーが言っていたよだがそれは当然だ。

それにもかかわらず外国遠征を実施した。それは驚くべきことである。JRA賞で特別表彰してもいいのではないかと思うほどだ。




沢田準【競馬を楽しく】
http://bit.ly/1BFqU5c

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

日刊スポーツ
http://p.nikkansports.com/



https://p.nikkansports.com/goku-uma/news/article.zpl?topic_id=1&id=202102160001319&year=2021&month=2&day=17



[2021年02月17日 02時00分]

茨城県美浦村と滋賀県栗東市にある日本中央競馬会(JRA)のトレーニングセンターで働く多数の調教助手や厩務(きゅうむ)員らが、新型コロナウイルス対策の国の持続化給付金を不正受給した疑いがあることが16日、関係者への取材で分かった。

担当馬がレースで獲得した賞金に応じて得られる報酬が新型コロナの影響で減少したとして申請していたが、日本調教師会は「中央競馬の中止はなく影響はほぼなかった」と返還を求めている。JRAによると、昨年の実施レース回数は過去最多だった。

大阪市の男性税理士が指南していた。「受給者は100人以上」と証言する調教助手もおり、総額1億円以上になる可能性もある。男性税理士は取材に「コロナの影響を受けたかどうかは申請者本人の申告に基づいている。不適切な申請はしていない」と主張。中小企業庁は「個別の事案には答えられない」とした。

この税理士の法人は昨年春、過去に税務処理を請け負った調教助手らに「原則として皆さまが給付対象」「申請をサポートする」などと記した文書を送付。成功報酬は受給額の7~10%とし、紹介も受け付けていた。

給付金の支給は、申請者が昨年1月以降で任意の月を選び、前年同月比で収入が半減していることが要件。税理士法人の文書は「申請月の検討が最も重要」と強調し、調教助手らは報酬の差が大きい月を選んでいた。

日本調教師会は昨年11月、調教助手らを雇う調教師に通達を出し「コロナによる経済的な影響はほぼ皆無」とし、不適切に受給した場合は返還するよう求めた。

調教助手らは給与のほか、担当馬がレースで獲得した賞金の一部を「進上金」として受け取り、確定申告している。ある男性調教助手は「コロナに関係なくレースの勝ち負けによって月々の進上金は大きく増減する。給与だけでも平均的な会社員より稼いでおり、私たちがもらって良い給付金ではない」と話した。(共同)

▽JRAのコメント ご指摘の報道(厩務員らが持続化給付金を受給していること)については承知していない。厩務員を雇用している調教師(一般社団法人日本調教師会)らと協議し、事実関係の確認に努めたい。

▽中央大法科大学院の酒井克彦教授(租税法)の話 持続化給付金の受給要件にあいまいさがあることが露呈したと言わざるを得ない。ただ新型コロナウイルスによる間接的、潜在的な影響は業界ごとにさまざまで、行政側が受給の正当性を判断することは難しいだろう。事情を熟知している業界団体は、自主規制するなど主導的な役割を担う必要があった。業界団体が返還するよう求めた場合は、申請者や指南した税理士は真摯(しんし)に耳を傾けるべきだ。

◆持続化給付金 新型コロナウイルス感染拡大で売り上げなどに特に大きな影響を受けた事業者の事業継続、救済のための国の給付金。最大で法人は200万円、個人は100万円。申請受け付けは昨年5月に始まり、今月15日に終了。約421万件、約5兆5000億円が支払われた。支給のスピードを重視した結果、審査が甘くなり、本来資格のない事業者による不正受給が相次いだ。

共同通信杯で馬単、3連単のダブル万馬券◆青木の競馬一直線


・ダブル万馬券的中

・日曜日のヒット

東京11R/共同通信杯

3連単・フォーメーション
01.03.07.08
01.03.07.08.09.11
01.02.03.07.08.09.11
100点

1着07(エフフォーリア、単勝6.8倍、4人気)
2着09(ヴィクティファルス、7人気)
3着11(シャフリヤール、2人気)

馬単115.3倍的中
3連単678.2倍的中


-------------------


・土曜日のヒット

小倉11R/和布刈特別

3連単・フォーメーション
02.03.05.11.16
01.02.03.05.11.13.16
01.02.03.05.11.13.16
150点


1着02(メイショウヨカゼ、単勝8.3倍、4人気)
2着03(タガノウィリアム、3人気)
3着11(ヴェルテックス、1人気)

馬単61.4倍的中
3連単306.6倍的中


-----------------------



◆青木ツイッター
https://twitter.com/aokiyoshiaki




青木配合馬ニシノオイカゼの6代血統表&7代血統表&9代クロス解析表&解説
http://keibatsushin.blog.jp/archives/34359523.html


競馬通信社ブログ



◆解説

・5代血統表でのクロスが ノーザンダンサー3本継続が目立つ程度
・できれば その直仔へとクロスが前進して欲しいが そうでなくても走る馬は多くいる
・ポイントは9代クロス解析表
・これを俯瞰すれば 多彩で良質な血脈が万遍なくクロスされていることが分かる
Ribot
Djebel
Princequillo
War Admiral

以上は凱旋門賞馬 Alleged の主要クロスを継続

Hail to Reason
Menow=Lithe
Tudor Miystrel
Swaps
Blue Larkspur
Boldnesian

・そのような質的クロスに加え 量的にも 9世代目に「171」の数量を得て活力がある
・継続クロス度数を示すT値も5.12と標準
・異系の血脈は母系に潜む Lalun 3本継続クロス
・牝祖コランディアはフランスの名門で 天皇賞馬ベルワイドらが出た
・5代血統表の中に見られる血脈で次の馬たちが魅力的
Nijinsky
Fairy King(=Sadlers Wells)
Alleged
Mill Reef
Woodman
Halo→サンデーサイレンス

これらを内包するならば 仮に重賞クラスの活躍をしたらマンハッタンカフェ系の後継種牡馬としても妙味はあるので 今後の軌跡に注目したい

・7代血統表を俯瞰してもそれなりの注目点が発見できる
たとえば Royal Sattute 6×7とか Prince John 7×6とか
あるいは父ヒルノダムールの母系の Nijinsjy と The Minstrel の疑似クロス
ヒルノダムール自身の Cosmah クロス

母ニシノミナミカゼの母シトラスブリーズの Nevwe Bend 3×4とか
この Djebl ラインの継続もミソだ

・ニシノオイカゼは Ribot(≒Prince Chevalier )と Djebel-Tourbillon の欧州血脈の継続
加えて Northern Dancer 3本 Hail toe Reason 3本の米国血脈の取り込み
すなわち 欧米血脈の混淆

さらに 9代クロス解析表における後半世代(9代)に量を集めた「加速度型配合パターン」などが主たる配合のポイントと言えるだろう



2021.02.11
青木義明






青木義明のノート馬券
https://note.com/aokiyoshiaki


【会員向け馬券情報】

青木義明の血統馬券

1.ツイッター無料公開予想
☆1日1レースを投稿予定

2.ノート馬券
☆複勝コース/1レース100円
☆通常コース/1レース500円


※競馬通信社の会員情報は2レースセットで1000円です。負けたらポイント返還します。



【ご送金口座】

三井住友銀行
六郷支店
(普)3717353
アオキヨシアキ



◆青木義明【競馬一直線】
https://bit.ly/2UVWwSw


◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp



◆お問い合わせ先
電話番号:03-3735-4430
メールアドレス:support@ktsn.jp






馬券の話◆沢田準の競馬を楽しく

今回は私の馬券について書いてみよう。

私の買う馬券は単勝1点買いだけだ。8枠連複時代から変わらない。だから馬番連複、馬番連単、3連複、3連単、ワイドと馬券の種類は増えても私の馬券の買い方は全く変わらないのである。

なぜ連複を買わなかったのか。1着馬もわからないのに2着馬までわかるはずはない。そのように競馬仲間には説明してきた。

実際のところは馬券の検討が非常にシンプルというのがメリットといえようか。何しろ勝ちそうな馬を見つければよいのだ。

連勝買いだと何点を買うか、抑えはどれか、厚め薄めなど軸馬を見つけるだけではなく、いろいろと考えなければならないようで大変なようだが、単勝1点買いなら単純だ。

もちろんある程度の配当を期待するから印が集まっている馬を買うわけではない。そのような馬は本命になり買う確率は高そうだが配当は低い。

それに本命馬といっても実にしばしば敗退するのだ。大負けすることはあまりないとはいえ単勝の場合2着3着ではだめだ。

連勝の場合、特に3連系では2着3着で十分だが単勝は違う。連軸と紹介される馬と単勝を買う馬とは予想する上では異なるのである。

それでは単勝を買う馬はどのように狙うのか。もちろん過去の、特に最近の成績が良い馬であることは当然である。

時に近走が2桁の着順が続く馬が1着となり高配当で解説者が説明に苦慮することがあるが、このようなレースはあきらめる他はない。

そのような馬を狙っていてはお金がいくらあってもたまらない。基本的にに成績が悪すぎる馬は考慮の対象外だ。当然のことである。

かといって大本命はもちろん買わない。大本命でも負けるかもしれないというリスクと配当の安さが折り合わないのである。

しかしどう考えても低配当の本命馬が勝ちそうなレースも多い。その場合は馬券を買わない。いわゆるケン(見)だ。

その場合でも大本命が負けることもあるが、そのようなときは勝った馬はやはり買いようがなかったという事だ。

単勝を買う馬はもちろん近走の成績だけではない。前走は負けたがそれ以前には好走していた、かつての実力馬が休み明けを叩いて上昇気配。展開が向きそうだ。馬場がよさそうだ。

これらの組み合わせのこともある。どれも馬券を買うファンが考えていることである。

ちょっと面白い馬がいた。先日の東京4日目の最終第12レースだ。2勝クラスの平場ダート1300メートル。

12番のボンボンショコラ。マル地で地方戻りの前走は1秒遅れの9着に敗れている。

最近のマル地馬はほとんどが中央未勝利で地方の小競馬場に流れ、2勝して中央再登録という馬がほとんどだ。

このような馬は再登録後も人気がなく成績もわるい。ボンボンショコラも同じような馬に始めは見えた。

ところが成績を調べると2歳の秋の東京で新馬を勝ち1勝クラスの特別で5着。その後南関へ移籍して浦和で重賞のユングフラウ賞と桜花賞で5着。

水沢で留守杯日高賞で重賞制覇。大井の優駿スプリントは大敗したが続く浦和のB2下特別を勝って中央に戻っている。

なかなかの成績ではないか。逃げ先行馬でこのレースは先行馬が少ない。新聞にはこの馬が主導権を握るかと書かれている。

4か月ぶりでもちろん人気はない。平均ペースで逃げゴール前は2頭に迫られたがクビクビで逃げ切り。単勝2140円。たまにはこんなこともある。





沢田準【競馬を楽しく】
http://bit.ly/1BFqU5c

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

↑このページのトップヘ